2006年サンマリノGP 決勝  F1

予選も決勝も、フジテレビのオープニングは泣きそうになりました。セナの眠るイモラにフォーカスを合わせた編集グッジョブ。

さて、決勝はスタート直後のバリチェロ(ホンダ)の遅さが気になりましたが、何よりもアルバースと接触してしまった井出有治(スーパーアグリ)が痛かったですね。画面を見る限りではアルバース(ミッドランド)をコースアウトさせておいて自分はちゃっかりレース続行という感じ。まあ、理由はあったんでしょうけど、アルバースにしたらやってられないわな。
アルバースは派手に横転しただけに、無事で何よりです。

レースは、終始先行するミハエル(フェラーリ)をアロンソ(ルノー)が追いかけるという展開でした。1回目のピットストップを終えた段階で11秒あった差は、2回目のピットストップ直前にはコンマ2秒差まで無くなっていました。はい、アロンソ速すぎです。
イモラの特徴としてコース幅が狭いので、ミハエルのペースに引っかかるくらいなら先にピットインしてしまおうという感じで2回目のピットインを先にしたのがアロンソでした。ミハエルが2回目のピットインを終えて出てきた頃にはアロンソがトップを走っていると、誰もが思った事でしょう。しかし、アロンソの次の周にピットインしたミハエルは、アロンソの前でコースに復帰。そして残り20周。うわぁ、面白くなってきたぞぉ。
この時点で他のマシンの事なんてどうでも良かったですね。国際映像もほとんどこの二人を映しっぱなしでしたし、まさにこの二人の為のグランプリでした。

ミハエルとの差を何十周もの間、コンマ3秒ほどに保ちながら追いかけていたアロンソですが、ラスト4周のところでちょっとだけミスをしてしまいます。コーナーで少し膨らんだ程度なのですが、これで勝敗が決まってしまいました。
優勝はフェラーリのミハエル・シューマッハ。2位アロンソ。3位以降はどんな展開だったのかさっぱり分かりませんが(笑)、フェラーリの復活は今年のF1を面白くしてくれそうですね。

スーパーアグリの2台は、今回は惜しくも2台揃ってリタイア。まだ噂ですが、井出有治はシートを失う可能性もあるようです。井出には可愛そうですが、結果を残せなければ仕方のないことでしょうね。



2006/4/26  9:28

投稿者:タカオ

ターミネーター・シューマッハはミスらないんだよねぇ。
さすが、数々の記録を持つだけの事はある。

2006/4/25  18:31

投稿者:謎のK氏

ラストの8周くらいから、見たよ〜。コーナーからの、立ち上がりで差を広げるフェラーリvsコーナリングで差を縮めるルノーという感じに見えました。熱い!!最後に、ミスった時は、『シューマッハ、お前もミスれ』と思ってました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ