ベリテンライブ2005 その1  音楽

1年に1度は夏フェスに行かないと気持ちが落ち着かなくなりませんか? 夏フェス大国となった日本ですから、夏は毎週末どこかしらでフェスが行われています。今年はもう秋になりつつありますが、やっと参加してきました。

というわけでベリテンライブ2005の感想です。栃木県宇都宮市のろまんちっく村で、9月18日に行われました。
ステージが1つしか無いイベントなので、フジロックやサマソニなんかに比べたら規模は相当小さいです。しかしフェスの雰囲気は十分味わえましたし、出演アーティストをすべて1か所で見ることが出来るので、あちこち奔走する必要がありません。普段の生活圏から1時間もかからない所で開催されたので、個人的にとてもアットホームなフェスという印象でした。

降水確率0%の晴天に恵まれ、まさにフェス日和。朝からちょっぴり暑い中、まずはDEPAPEPEの登場。後輩の車で聴いたことはあったので存在は知っていたのですが、ギター二人組のインスト・ユニットです。ビールのCMに使われそうな爽やかなアコギの音色が、緑の森にマッチしてとても良い雰囲気。後方のシートゾーンにてまったりと観戦しました。

続いてはマツリルカ。「祭りをするか」を短縮して「マツリルカ」なのだそうです。去年は「浜崎貴司&MCU」として出演した二人ですが、今年はグループ名を新たにしての登場です。バックダンサーの4人がとってもセクシーでいい感じでした(笑) あと、ニューシングルにてマツリルカに参加したアリスも登場! ちっちゃくてかわいかったなぁ。まあ、遠くから見ただけなんですけどね(笑)

3番目の登場はセカイイチ。なんとも自信満々なバンド名ですが、関西出身の4人組ロックバンドです。キャプテンストライダムの梅ちゃんに勧められていたし、CMなどで楽曲も聴いていたので、ここからは前方のスタンディングエリアで観戦しました。
バンド名から勝手に想像していたイメージとは違い、意外とおとなしいステージングでした(笑) しかし、きれいなメロディがとても印象的なバンドでした。次はライブハウスで見てみたいなぁ。

そしてキャプテンストライダムの登場。このブログでもたびたび紹介しているトリオ・ロックバンドです。この日のライブはまさに凱旋ライブ。ベースの梅ちゃんの、どことなく落ち着きのないステージングが面白かったです(笑) 曲のよさは今更言うまでもないのですが、歌詞のインパクトは昔の曲の方があった気がします。とはいえ、新曲なのにすぐに口ずさめてしまうほど分かりやすいメロディの楽曲は、みんなで歌ってほしいというバンドのメッセージ (?)なのでしょうね。ちょっぴり批評家っぽいことを言ってみましたが(笑)、何よりも歌っているナガトモさんが楽しそうでこちらまで楽しくなってしまいました。
11月には宇都宮HEVEN'S ROCKでワンマンライブをするので、それも参戦したいと思っています。

ライブ後に梅ちゃんやモリヨシ(キャプテンストライダム・ドラム)と話が出来たのですが、この規模のフェスはほぼ初めてということで、やはり緊張していたようです。あんなに大きなステージに知り合いが出演していたというのは、何となく誇らしい気分になりますね。そして、そんなライブの出演後に普通に客席をうろうろしているメンバーの姿は微笑ましいものでした(笑) さすがにボーカルの永友さんを客席で見かけることはありませんでしたけど。ファンが集まって大変なことになるのかな?

以上、前半4バンドのレビューでした。長くなりそうなので、続きはまた次回にお送りします。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ