たじま屋のぶろぐ

たじまのすこぶる愉快な俳句生活。

 

プロフィール

田島 健一
Kenichi Tajima

俳句作家/
1973年東京都生まれ。俳誌「炎環」同人
同人誌「豆の木」「オルガン」参加
句集『ただならぬぽ』

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たじま
楚良さん、いらっしゃいませ。

>地方に住む人にとって、結社選択は難しいです。

確かに、そうかも知れませんね。東京で俳句をやっていると、そういうのってなかなか解らないものです。

楚良さんのおっしゃる、次のところ。

「その結社が自分と必ずしも合致するとは思えません。」

「句会は俳句向上の場」

この二点については、思うところもあるので、別途、ブログの本文の方にエントリしようと思ってます。

では、では。
投稿者:楚良
久し振りで御座います。
地方に住む人にとって、結社選択は難しいです。
そもそも選択肢は絞られているし、その結社が自分と必ずしも合致するとは思えません。
先日、俳句の賞受けた方も、「どこに入会すれば良いのか悩んでいる」と、作った句はプログに更新しているとのことです。
結社に属さないのも良いですけど、句会は俳句向上の場と考えております。
しかし、地方は句会=結社になってしまうので、句会参加へも躊躇されてしまう現実です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ