‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2005/4/10

なんて青春……(かくも甘じょっぱき奴め等)  シネマ・ノート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
☝ 下妻物語(左)とDETROIT ROCK CITY(右)

 深キョンを舐めていた。KISSをバカにしていた。
 そして、素直にゴメンナサイ…。

 先日、所用があり友人(…って呼んでもいいのかなぁ、失礼ぢゃないよね? そして、故あって匿名漫画家さんとする。)宅に行った際、「観てね?!」と、可愛い笑顔で渡されたのが、この、2本のDVDだった。

『下妻物語』…前から、気にはなってたんだ。でも、嶽本野バラは個人的に苦手だ…。男なのに乙女部…ってのが激しく苦手だ…。少女のカリスマってナニようッ!!(怒) 昭和の乙女はキンドーちゃんなのようぅっ!!(怒×二乗)
 同じ物書きとして(メジャー・マイナー、所得額や納税額等はこの際、計算に入れずに考える事としてください…。)、作品も読まんウチから批判はないだろう…と、思い、眉間に皺を寄せつつエッセイ集を一冊読んだが……馴染めません……(哭) 自分のこっぱすがしい少女時代の亡霊がワタクシを苦しめるのです。えぇ、それはもう、鼻血と涙を後ろに飛ばしながらドレスの裾をたくし上げてベルサイユ宮殿の階段を時速60km(駝鳥の全力疾走速度)で突っ走る勢いの悔しさとコッパズカシサに自分ながら圧倒的な絶望感さえ覚えるのでございます。

 かくも恥ずかしき80´sの亡霊はさておき…

 『下妻物語』は愉しく拝見させて頂きました。土屋アンナ…、いい…♡ 菅野ようこの音もいい♡ BABY…の服はどうでもいいや。中島哲也、いい♡

 私は、ロリータぢゃなくて、ヤンキーでもなくて、ポジパンだったの。人生なんか、一人でもぜーんぜん大丈夫だと思ってたの♡♥♡ ちくしょうっ!! 甘ぢょっぱいぜっ!!

『DETROIT ROCK CITY』…は、「あのねぇ、アメリカのお馬鹿な4人の小僧っコがね、KISSのライヴをデトロイト迄観に行く話だよ〜♡」(友人談)の言葉にギミックは無く、ティーンエイジャーの4人組がVS悪魔バンドの激しい家庭内宗教弾圧の嵐が吹荒ぶ中、苦難と珍道中の末に辛くもKISSのライヴを観る…と、云う話。

 だが、たまらんくらいにバカヤロ様な展開…♡

 そして、何より有ろう事か、『ターミネーター2』の エドワード=ファーロング の健やかな成長ぶり(爆)に心を打たれる。
 さらに、最後のKISS(本人達出演…)のライヴシーンでの、ジーン=シモンズの口の中から客席を舐めるキャメラ・アングルには痙攣起しそうになるくらい大爆笑っ!!

 この2本のバカっぷり、もはや、激しく愛おしい♡ 

 見終わった後に心の中でかかっていたBGMは《薔薇色の人生 by エデット・ピアフ》

 もし、人生が嫌になったら、是非、この2本お薦めする。


 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ