‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2008/3/18


クリックすると元のサイズで表示します
新宿高島屋 茶語(アラン・チャン ティールーム)

クリックすると元のサイズで表示します
花茶 【百合仙女】茉莉花の冠が可愛い

クリックすると元のサイズで表示します
ゆらゆら上ってきました。赤いのは蘭??

 台湾出身の素敵なお嬢さんと、新宿高島屋に絵を見に行った帰りに、6Fのアラン・チャンのティールームでお茶を頂く。

 以前から此処は好きな場所。香港スタイルのお茶がいただけると云う事で、まだ、中国茶が今程メジャーでは無かった頃からときどき来ていた。数年前迄はアフタヌーンティのセットが比較的安価で頂けたのだが、セットはなくなってるし、お茶、その他のメニュー等も軒並み値上がりしていて、ちょっとショボン……。(肉味噌を巻いたぽーぽーが好きだったのに…(T-T))

 でも、折角素敵な絵を見た後なので、敢て少し贅沢を決め込む事にする。(リハビリ。リハビリ……)

 メニューの中国茶、たくさん有り過ぎて一瞬途方に暮れるが、此処はままよと花茶(ふぁーちゃ)にする。

 写真のお茶は【百合仙女】。束ねたお茶がゆっくり開いて繋いだジャスミンの冠がゆらゆら浮き上がってくるのが綺麗。

 さて、お味は……うーん、ふ・普通??

 方や、お嬢さんが注文したお茶はと云えば、名前を聞き忘れてしまったのだが、口梔子のような沈丁花のような鋭利で透明な磨いた宝石のような馨りのお茶……ラストドロップが碗に落ちる様は宝石を液体にしたみたいな高貴さ。うっ……一口飲まして貰いたい……でも、言えない。馨りを少し分けて頂き想像する。(次に来たら頼んでみよう……(汗))

 暫し、台湾のお茶や茶芸について彼女から話を聞く。

 台湾、行ってみたい。

 中国やアジアの古い文化は、本当に美しくて奥が深い。

 思う処は在る。それでも、綺麗な物を見ている時は、そこに集中しよう。

 美しい物を、率直に美しい……と、云わないのは立派な罪だと思う。

 世界は今、たくさんの罪を犯している。

 今は、手に持てるだけ、1個でも多くいっぱい拾う。

 花茶が開いて行くのを二人してジッと見ていた……

0
タグ: カフェ 喫茶店



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ