‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2013/9/12

南米の幸-パラペーニョ-  徒然浮草

実家は神道で五年置きに祭事がある。その際に祭壇に供えた御供えは禰宜様がお帰りになる際にお土産としてお渡しする。
その年は、たまたま父が戯れに作ったパラペーニョが豊作で、大きな鯛や果物、米や野菜に混じって、笊にてんこ盛りで祭壇に上げられてた。
…で、恙無く祭事も終わり、宴会も終って禰宜様がお帰りになる際、妹と台所でお土産の支度をしていた。
私「此れ、獅子唐やなかよね…」
妹「うん、お父さんの作らしたパラペーニョ。やっぱ、九州も露地で作ったら小さかけん、区別つかんよね…」
私「味も獅子唐ね?」
妹「うんね、やっぱ、たいぎゃ辛かたい。」
私「ねぇ、今年、野菜少なかよね…袋、隙間空いとる。」
私妹「……」
私妹「入れちゃえ、入れちゃえっ?」
…で、海の幸や山の幸、南米の幸を詰め込んだ袋を恭しく禰宜様にお渡しして御見送りした後、台所に戻り、妹と2人で茶を飲んでいる処に父親がやって来た。
父「パラペーニョ、入れたつな? 」
私「うん、隙間んあったけんな、よかしこ詰め込んだたい。あからんかった?」
父「うんにゃ、作ったはよかばってん、辛過ぎて使い様んなかけんがどやんしょうて思とったったい。お父さん、あんまり辛かつぁあからん。」
私妹「へ…?」
父「そりゃよかばってんから、パラペーニョて禰宜さんにはちゃんと云うたと?
獅子唐んつもりで食うたら、たいぎゃひどかばい。もんどり打つ!」
妹「……云うとらん……」
母「電話、せにゃんどか……」
私「まぁ、死なんし……」
と、母迄交えて話している時、「すぐに電話してやってっ?」と、弟が子機を持って走ってきた。
彼は、此の極悪パラペーニョの第一の被害者だった。
体外に排出される時迄大変辛かったそうだ…。

そう言えば…ウチの家族はほぼ全員胃腸や粘膜が弱いので、猫舌だし辛いの全然ダメなのに…何故、パラペーニョ作ろうとか思ったんだ、父よ……。


† 山本 梓乃 †
1
タグ: 徒然 日記 四方山話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ