‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2013/2/27

星の金貨 と 黒猫  徒然浮草

『黒猫』と、みんなが呼んでる男のコが居た。いつもお金が無くて、お腹を空かせていて、ひどい時はろくに寝る場所も無くて、いつも大変そうなのに、いつも楽しそうに笑ってるコだった。
ある日、店にやって来て…
『今月、お金無い…厳しい…お腹すいた……』
と、云うので、
『此間お給料出たばっかりじゃん…何に使ったの?』
と、彼の好きなココアを淹れながら訊ねると…
『あのね、ゆうべね、歌舞伎町で女のコが泣いてて、聞いたら、お母さんが病気でお家に帰りたいんだけどお金がない…って云うから、二万円貸したげたの。』
嬉しそうにココアを飲みながら彼が悪びれもせずに云う…
『黒猫……それは、貸したげた、ではなくて、あげた…だね。』
『 え?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)』
『黒猫…たぶん歌舞伎町には君より可哀想な女のコは居ないから安心していいよ。』
『そ、そーなの?』
『うん、たぶん居ないよ。夜、約束無ければ、店閉めた後ご飯食べに行こうか?』
『うん、行くーっ?』

黒猫は黒くて真っ直ぐな尻尾を夜空に向かってくるくる動かす。
星が、金貨に成って夜の街に降り注ぐ……。
愉快じゃないか。
綺麗じゃ、ないか。


0
タグ: 徒然 日記 四方山話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ