‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2010/10/5

昔日夢  徒然浮草

何度か書いた事があるが、実家の玄関の近くには金木犀と銀木犀が並んで植えてある。

先日、たまたま読んだ本に載っていたが、金木犀と銀木犀ではその香りが違うそうだ。よくよく考えてみれば、至極当然だが、金と銀で縁起を担ぐせいか、並んで植えられる(ウチもそうだ…)事が多く、馨りの強い金木犀に対して銀木犀は儚げで幽けき馨りらしく、並んで植えてあると二者の香りの違いに気付く人は稀なのだともいう。

中国でいう『桂花』は木犀の事で、とくに銀木犀をさすらしい。(黄金好きの中国人にしては何と雅やかな事か…)桂花珍酒も白葡萄酒に銀木犀を付け込むそうだ。

中国の昔話だったと思うが、月には桂が生えている…と、言う話を読んだ事がある。

たしかに…月にあるなら、金木犀より銀木犀の方が相応しいような気がする。(月桂樹の花は黄色でポワポワしている。)

月夜の晩、木犀の薫りは夜の闇に溶け込んで一層、メランコリックに煽情する……異界迄、本当に懐しい場所迄歩いて行けそうな宵闇に、クスクスと少女のささやかな笑い声の様に馨り立つ……

今年も『佳く頑張りました…』と、此の馨りに頭を撫でられている。

少し、元気になる。
0
タグ: 徒然 日記 四方山話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ