‡タロット・リーディング・幻視(前世リーディング)‡                                        ‡Fai†h 商品の通販につきまして‡                                                 ‡Fai†h 商品の通販につきまして 2 ‡                                               【Fai†h】                                                            †インスタント・ストア†…アマゾンでセレクト・ショップ始めました。                                †イベント†                                                          【Alamode Maket 12】 2010.04.03(sat) 川崎産業振興会館                                      【第29回 東京すぴこん】 2008.4.29(tue)  両国 国際ファッションセンターKFCホール                          【第76回 COMIC MARKET】 2009.12.29(tue) 有明国際展示場 (東京ビッグサイト) 東6ホール ソ 19-b                  †    ゴシックロリータ††† †

2005/5/4

ブリキの太鼓  シネマ・ノート

クリックすると元のサイズで表示します
⇧ 超音波でガラス割り…。どーでもいいけどコイツ、本当に可愛く無い子供だ…。

 GWだってコトで映画の話など。随分昔の映画ですが、『ブリキの太鼓』を観たんですよ。
 …で、素直な感想。

 《観なきゃよかった……》

 ナチス絡みの映画って、どうしてこうなのかな…と。いや、そんなこっちゃないな、きっと。19や20歳の時に観なくてよかったな…と。

 人生に対する期待とか、夢とか…そんな、『スウィート・ドリームス』をせせら笑うかのような、むしろ、マリリン・マンソンなんかは、まだ人生に対して絶望していない、幼子の様な愛らしさを持って感じてしまうような、バッドテイストな作品でした。でも、カンヌで賞を取ってるのよね、此れ。

 陰鬱で、捻くれてて、悪意に満ちてて、倦怠感と疲労感が忍び寄ってくる東ヨーロッパ独特のリズム…。養命酒かビタミン剤飲みやがれってんだ、こんちくしょーっ!!《ちなみに、どうでもよい事ですが、ワタクシったら最近、ハイチ○ールC飲み始めましてん。肝臓からターン・オーバー。》

 鬱陶しいSEXシーンや不愉快になる摂食シーン…。たかだか百年弱も生きられないのに、7・80年生き延びる為の人間の生命維持活動的な行為に対して、こんなに嫌な描写が続くと、流石に遠くに行ったはずの思春期の少女時代を思い出して笑ってしまう…。しみじみ、捻くれてたよなぁ…と。世界は嫌いな物や許せないもので満ち充ちてました。

 そんなものも、軽やかに踏み倒して未来〈さき〉に進みましょう、皆様方。それが、成長とか、大人になる…ってことなんでしょう。きっと…。
 清濁合わせ飲んでもお腹壊さない様になりたい…な。

 GWだってぇのに、毎日がこう不愉快なニュースばかりだと嫌になっちまいますわよねぇ……。
 『人の不幸は密の味』って申しますが、このところのニュースの類いは流石に劇薬の域なので、もし、喰らうおつもりなら、それなりに覚悟を持ってきこし召せ…。


 神様、明日は、もっと愉しい日記が書けます様に……。


0



2005/5/7  2:57

投稿者:Sister Strawberry

意外と、潔癖性なのね…と、半ば自嘲気味。
時間薬が一番効くのかな。
まったく、いろんな事があるね。
高いお空でカラ笑ってる方も、そろそろ命日ですね。
ほら、僕ら、こんなに頑張ってますよ。

先生、なかなか群馬にたどり着けません……。

2005/5/6  23:13

投稿者:カレントに入ったり抜けたり×2

TinDrumsとわたし。
ジャケ写にあるデビ様のその美しいお食事姿と、新京極の土産屋のcanバッジの外人。そのギャップに生八橋もビックリ仰天の思い出がありんす。(関東ネタ)
こうゆうHEAVYナ娯楽映画は自身がHEAVYでは楽しめないわけで、、、これは音楽にも通ずるところが御座いまして、、、BGMやTECHNO DELICを暗いと云う方は置き去りにしといて、、、
後出の不幸な出来事(○×ドロ)からの突破口も、そこいらへんに在ったり無かったり。

2005/5/6  2:28

投稿者:Sister Strawberry

『侍女の物語』もビデオで観ました〜。
もぉ、暴れたくなる話でした……。

『ガタカ』こ、怖いけど観てみるか。(笑)

2005/5/5  21:22

投稿者:明智水里

あー同じ作家の『侍女の物語』もきっついです……。どっちも高校生の時に原作を読みましたが(苦笑)
どうせ観るなら『ガタカ』を観て下さいよー(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ