2月生まれは美人揃いU

日曜日の午後、猫のように妻とうたた寝

 
オルゴールひと巻き分の夢

ご案内

ようこそいらっしゃいました■下の「記事カテゴリ」などで探していただくと、ひょっとしたら気に入っていただける記事があるかもしれません■検索」をお使いになると、特定の言葉や人物に関する記事だけを表示できます■また、過去の記事は左の「カレンダー」「過去ログ、下の「1|2|3|」「→」などで読むこともできます。よろしくお願いします■なお、私の旧ブログ2月生まれは美人揃いもよければお越しいただけると幸いです→こちら

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sugarball
●がーこさん。
こんな古いログにコメントありがとうございました
コメントは携帯に転送されますので
すぐに嬉しい通知メールがきました
私も「シュリ」には衝撃を受けました
あの映画は銃の音にももの凄いこだわりを持って作られていると
特典映像で知りました
韓国映画人に溢れる才気と情熱を感じます
私は
チャングムのあとで
この映画を見たので
ヨンエ目当てというのもありました(白状)
また「親切なクムジャさん」?
ヨンヘさん目当てで衝撃を受けましたが


http://moon.ap.teacup.com/sugarball3/
投稿者:がーこ
sugarballさん(〃▽〃)♪

「JSA」、私もこの作品はとっても衝撃的でした、その少し前に韓国映画と知らず初めて「シュリ」を見た後、固まってしまった私です。( ̄◇ ̄;・・・「スゴイ…」とだけ、言葉にはならなかったです、その後「JSA」もやはり同じように固まりました。
韓国映画というのは、時に胸をえぐるような傷みさえ感じる時があります、肝っ玉の小さい私には(!)寝られなくなる(子供か?!)こともありますが、それだけインパクトの強い映画を作る韓国って、、、やっぱりスゴイと思います。
そうそう・・・映画を見た時はヨンエさんがチャングム!とは知らず、ただ映画に不釣合いなぐらい美人な人だなぁ〜と思って見ていましたが、数年後、まさかハマる“チャングム”さんだとは・・・この時は知る由もありませんでした( ̄▽ ̄;)!!

http://daisukigako.jugem.jp/
投稿者:sugarball
●kokoro2aiaiさん。
私も戦争映画は基本苦手ですが
これは
「戦争状態の2国間の映画」ということで
映画の完成度は言うまでもなく
おっしゃるような
エンディングの写真が胸を突き刺します

民族という言葉は多用したくないですが
同じ「人間同士」
交流で得る「絆」は重いのでしょう

でも
この日本で隣国との
交流さえ敬遠する一部の人や
隣国は好戦的とまで言う
知事がいることに
悲しみを禁じ得ません


http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:kokoro2aiai
これ、やられちゃいました。
戦争映画ってずっしりくるので苦手なんですが
最後まで必死で観てしまいました。
脚本・演出・カメラワークに脱帽!って感じ。
ラストの写真のシーンで、いつまでも涙が止まらず流れてしまったのは
今まで観た映画の中では、この1本だけです。
(私は、そばに人がいると必死で涙が出ないようにしてしまうので、・・・)

イ・ヨンエさん、きれいすぎて違和感を覚えた私。
sugarballさんと同じく、ちょっと情けない役柄に見えちゃったし。
あの役は男性がよかったなと思ってしまいました。
4人の兵士は素晴らしい演技で、真相の場面の迫力はすごかったです。
最初の楽しい交流があるからこそ、哀しく悔しい場面ですね。
絆があんなにも一瞬にして崩れるなんて・・・と思ったけれど
ビョンホンさん演じる兵士の哀しい結末を見ると、
絆が崩れたわけではないのだろうなあと感じました。

http://moon.ap.teacup.com/puppet2aiai/
投稿者:sugarball
●sakuranbouさん。
もとはひとつの国だから
言葉も通じるし
気持ちも通じる
上からのコントロールで分断していく気もします



http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:sakuranbou
私も評判いいのを知りつつ公開してすぐには見ませんでした。たぶん隣国たちのことをよく理解しないうちには見たくなかったから見なかったような気がします。
見たのはたまたまテレビで放送してたからだと思います。2年前かな。結局、国のことわからないまま見ましたが…。

もとはひとつの国…。あまりにも違う反応…。
言葉がちょっと出てきません。


あの女の人はイ・ヨンエか〜。きれいな人だなとは思ってましたが…。

http://love.ap.teacup.com/cherry/
投稿者:sugarball
●binnさん。
「南極日誌」見ました
韓国の映画の力量は感じました
結末は???でしたが

「殺人の追憶」は
あまりに暗そうなので敬遠してました
今度レンタルでホラー1本借りるの止めて
見てみますね

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:binn
「南極日誌」も観ましたか・・・ユジテもソン・ガンホ好きなのでOKな作品です。コレを観て韓流ダメポ!という情報の無さに萎えですね 笑

そうですかロックカセットでしたか
なんでビョン様がああなるのかというポイントをど忘れしてます
当時はその疑問点を発信していたんですが無回答・・・

コメントしましたが「殺人の追憶」お勧めでよ〜!

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:sugarball
●パスピエさん。
同じです
このころは、やっぱ敬遠してましたね
韓国だからというわけではなく
「面白くないだろう」という先入観もあり

その後、次々と面白い作品を見てみると
この作品も見とかなきゃ、と

ソン・ガンホは
有名作品にいーっぱい出てますね
「南極日誌」の隊長
(あれから見ました
やはり、ちょっと置いてきぼり・・・)


http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:パスピエ
実は、私も観ていないのです、だめだめです。
当時は、韓国映画、敬遠してたので・・・

その後、おもしろい作品をたくさん観て、
韓国映画、好きになりました。
観てみようっと。

クムジャさん、きれいですね〜。

ソン・ガンホといえば、新しい怪獣映画?にも出てるんですね?
なんであれ、金髪なのか、気になります。

http://members.at.infoseek.co.jp/rvs1248/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ