紅蓮の雄姿

2016/3/28  20:55 | 投稿者: レイ


先日、使いたいカードの一つとして上げた紅蓮の雄姿。


その1

クリックすると元のサイズで表示します


繋ぎ用としてR真田大助は入れたいです。



その2

クリックすると元のサイズで表示します


これのR根津甚八をR望月六郎にしたデッキをランカーが使っています。

制圧と砲兵は強いのですが、何せ自分の守りがヘッポコなので、焙烙と横弓を入れたし。

そもそもこれら以外の1.5コス真田丸はC池田綱重しかおらず、SR幸村&R堀田の絆を考えると実質2択。










タグ: 戦国大戦



2016/3/30  19:57

投稿者:レイ

>Smithさん
上位の紅蓮の雄姿の試合を見ると、1、2回なら真田丸を破壊されることは許容範囲のような感じでした(もちろん壊されないことが一番ですが)。
なので最終的に真田丸を破壊することを考えると、隆精院で真田丸を守るというより、R大助の采配を使って戦いながら、紅蓮の雄姿で攻城を取る機会を伺った方がいいのかもしれません。
それに真田丸を3つ詰まないと、超絶絢爛ができる武将を複数入れた天下人のように、器用貧乏になってしまいそうです。



>袁氏さん
R望月の制圧が大きいんですよね。
真田丸で守りながらの制圧は強いです。
ただ某たつを主君の試合を見ると、R根津が強すぎるように見えてしまいます(笑)

2016/3/30  19:53

投稿者:レイ

>スサノオさん
長槍は完全に守り専用になりそうですね。
R三好も入れたいけどコスト的にも・・・という、どれかを捨てなければいけない分、構成が難しいデッキです。



>暗黒面に堕ちた山田鉄男さん
紅蓮の雄姿を使った時に確実に攻城を取らないと負けなのと、天下人なんかと違って融通もききにくいですね。
更に真田丸の種類的にもデッキが似たり寄ったりになってしまいます。



>天空のスカルミリョーネさん
R三好の統率は真田丸・覚悟で更に上げられるのも強みですね。
打雲6つ集めるのは相当キツイです(笑)
むしろ通算でも6つ出たか出てないかぐらい・・・?

2016/3/29  22:56

投稿者:袁氏

真田丸は対戦すると、本当に面倒です。隆精院をいれない編成も多くなったので、バリエーションも豊富になりました

根津は無難ですが、城をとりにいく人は砲兵で望月をいれているひとも多くなったきがします

万死だとわりとまだ戦えるほうですが、二回真田丸を壊す位きにしない立ち回りされると、後半でまくられますね

2016/3/29  10:04

投稿者:Smith

失礼します。

真田丸計略を3つ積み、終盤全て壊す事に意味があるならば3
つ積まなければならないのは仕方ないのですが2つ破壊で終盤
攻めるならデッキ構成はかなり楽になりますよね。裏の手に
宴幸隆を積めたり隆精院や宴佐助を積めたりするので。

2.5幸村1.5堀田1.5根津1.5望月1.0大八1.0隆精院
なら真田丸3つ積みながら隆精院入れられるんですが自分のス
キルのなさもあり中々勝てません。
やはり隆精院を諦めて真田丸3枚と真田丸の采配を入れたデッ
キの方が安定するのでしょうか?

2016/3/29  3:34

投稿者:天空のスカルミリョーネ

長年思っていたことの確認

三好は苛烈こそ持ってませんが武9槍の軍備ってタフで強いですよね。
統率も2じゃなく3ってのも地味に良い点だなと思います。
ウチの槍宗滴さんは3コストで同じ武力、特技なんですが…み、魅力があるモン!w

歪みねぇ槍撃でお馴染みの動画主さんが、打雲大海6個奉納の動画を上げてらっしゃいました。
やはりというか、当然副効果が兵+/兵+の家宝が出来ておりました。
分かってはいたのですが、実際試すことはもちろん見たこともなかったのでありがたかったです。

…だからといって、合成専用家宝が6個集まるまでガマン出来るかといったら…ウーンw

2016/3/29  0:48

投稿者:暗黒面に堕ちた山田鉄男

日の本一の兵と違って紅蓮の勇姿はSR隆精院を入れられない(構成的にほぼ不可)のが大きな欠点ですよね。
サブとしてR真田大助を入れる事はほぼ必須である以上はSR隆精院が入らないので
計略使用時に真田丸を全て壊す以上、非常に難しい計略ですなぁ……

2016/3/28  23:57

投稿者:スサノオ

自分は三好持ってないので佐助入れた下の形でやってたんですが真田丸の維持の難しさと長槍の狭さ(笑)

やはり三好の奮功は便利ですし強いので入れたいですよね・・・。

隆精院が入れられないのでミスると壊されて攻城まで取られて痛いことに。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ