顎のはずれた鯨

現代川柳はどこへ向うのかー言葉は私たちに何を与えてくれるのか

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:心の闇
人間の持つ無意識の心の広さは、すでに100年以上も前から科学として確立されてきました。人間は自分の持つ無意識の心の広さの前に、絶えずたじろいできたのであって、その心の闇の全貌をつかんだ人間など今まで1人も存在して居ないとと言っても過言ではありません。

精神分析の専門家フロイトは「イド(無意識)のあるところに自我(意識)をあらしめよ」と言っています。

しかしそれはあくまでも、それがいかに難しいことかを自覚した一人の天才によって発せられた言葉であり、しかもそれは精神分析の専門家による、患者の壊れた心を安定されるための非常に難しい治療手段であって一般の人々に当てはまるものではなかった筈です。

人間の心には必ず「明暗」がある。光あるところには必ず影がある。人間は自分1人の心さえ自由にできない存在である、ということを人は忘れています。

人間の心とはとてつもなく広くまた深い、コンピュータ仕込みのロボットにある一定の行動パターンをプログラムしていくことは可能かもしれないけれど人間の心の闇とは、それとは比べものにならない、深く広く謎のなのです。

その心の闇の深さは、ユングによって「集合的無意識」という概念で言われています。
投稿者:半熟卵
「70%の闇」とは無意識の世界のことでしょうか・・?
おたずねいたします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ