顎のはずれた鯨

現代川柳はどこへ向うのかー言葉は私たちに何を与えてくれるのか

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:あや
たくさん咲いている桜も確かにきれいですが、
私は一本の樹が佇む姿が・・好きかもしれません。
一本と植えられた樹には謂れがありそうだからかもしれません。
知っている道路脇にある樹もそのひとつです。
道路そばにある其の樹の下には、古き時代のアメリカ車が朽ち果てたまま放置されていて・・草はぼうぼう、その緑の中にたんぽぽだのわけのわからない花が咲いていたりする。大木には・・桜が満開
花びらが舞うのか・・蝶が舞うのか・・
そこはこの時期だけ活き活きと飾られる一枚の絵のような世界であります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ