正論だと思いますが。

2009/8/24 | 投稿者: 鹿野苑

麻生首相が学生との対話集会で、「若者に結婚するだけのお金がないから結婚が進まず少子化になるのではないか」と聞かれたのに対し、「金がねえなら結婚しない方がいい、おれもそう思う。うかつにそんなことしないほうがいい。おれは金はない方じゃなかった。だけど結婚は遅かった。稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい」と話した。

またマスコミに踊らされた世論がいろいろ批判するのだろうが、これは麻生首相の言うことも聞く価値があると思う。絶対的に正しいかどうかは別として、ひとつの人生訓としてこれもまた真である。ただ、やはり若者が安定した稼ぎを得られる世の中を作れなかった責任があることは間違いない。結論としていうと、首相ではなく市井のオヤジの説教としてなら100点だった。
0



2009/8/25  20:41

投稿者:鹿野苑

yahooニュースの意見欄を見るとこの麻生発言への批判の意見が多かったです。あまりCMを気にしていなかったのですが、確かに「若者に希望を」と言ってましたね。そう言っていながらこの発言は確かにヤバいですね。

2009/8/25  20:37

投稿者:tenjin95

> 管理人様

結局、これをその辺のオヤジではなくて、衆院選を戦っている、政権与党の総裁が言っているという事実自体が問題だと思うんですよね。それに、CMでは、「若者に希望を」とか言ってませんでしたっけ?そういう二枚舌が気に入らないんですよ。

http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ