私抄訳・仏説阿弥陀経   予告編

2009/1/24 | 投稿者: 釈鹿苑

退屈な授業のことを、「お経を聞いているようだった」とか、なにごとかブツブツ言っている人を指して「念仏を唱えている」というような言い方が横行していることを嘆かわしく思う。お経といえば訳のわからん言葉の延々とした羅列だと思い込むのはもったいない。ちゃんと意味を理解しながら読めば、並の映画より面白いドラマチックなお経だってあるのに。

なぜ訳のわからん言葉の羅列だと思われているのか理由は明らかである。日本語ではないからだ。中国語(漢文)かサンスクリット語かパーリ語ばかりだから、意味がわからないのは無理もない。そこで、この場を使っていくつかのお経の日本語訳をしたい。初めには短い「仏説阿弥陀経」を選んだ。むろん抄訳であり、お経特有の繰り返し表現や比喩表現などは大胆に簡略化する。それと、私のことだからお釈迦様が時々長屋の熊さんのような江戸っ子言葉になったりすることもあるかもしれない(笑)。なので、ちゃんとした訳だとは思わないで欲しい。「お経って意外に面白いかも」と思ってもらうきっかけになること以上の目的はないので、もし興味を持ってくれたら本屋に行ってちゃんとした解説書を買うことをおすすめする。仏説阿弥陀経ならダイソーの仏具コーナーに売ってる解説書(¥105)もかなり良い。

とりあえず今日は予告だけ。なにぶん忙しいので第一回がいつになるかも不明…。
0



2009/1/25  14:51

投稿者:釈鹿苑

南無阿弥陀仏まで! 「おんあみりたていうん」ではなくて「南無阿弥陀仏」なんですか? どうも私は真言宗というものを、あまりに狭く捉えていたようです。

2009/1/25  13:53

投稿者:東王子

いろいろ読経しますよ〜。観音経とか、薬師如来本願経とか、神様関係とか・・。信仰は自由ですから、法華経を般若理趣分と並べて、お祭りしてます。(ちゃんとした、住職です・・本当っすよ・・。)場合によっては、南無阿弥陀仏とかお唱えもしますよ〜。

http://blogs.yahoo.co.jp/ntfsx570

2009/1/25  12:57

投稿者:釈鹿苑

真言宗でも阿弥陀経を読むんですか? なんか意外でした。天台ならバリバリ読んでますけどね。
プレッシャー? いえいえ、全然期待しないでください(笑)

2009/1/25  12:51

投稿者:東王子

阿弥陀経は時々お勤めするのですが、一見浄土の風景を並べ立てているようですが、意外と(失礼・・)精神的にも深い所を突いていると思います。それも、どこまで描き出しはるのか・・(なんて・・プレッシャ〜)、楽しみに致しておりますです。(ワチキには、今その容量はござんせん・・。)

http://blogs.yahoo.co.jp/ntfsx570

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ