『新解釈 三国志』を見て

2020/12/17 | 投稿者: 鹿苑院

アホ映画である。『沈黙─サイレンス─』を見た翌日なので落差が凄い。
かつて、『竜馬におまかせ!』というアホ時代劇があり、僕は好きだったが武田鉄矢は激怒したという。あれを面白いと思える人は『新解釈 三国志』も見るといいし、腹が立つ人は見ない方がいい。
コメディというものはまったくのオリジナルなら誰も文句を言わないが、歴史が題材だとそれに思い入れがある人が必ず怒るものである。そういう意味で勇気のある作品だと言っていい。

ま、僕は好きです。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ