『沈黙─サイレンス─』を見て

2020/12/17 | 投稿者: 鹿苑院

遠藤周作原作の、隠れキリシタン弾圧を描いた映画。9月に録画したものを昨日見た。

ポルトガル人であるはずの主人公どころか、日本人の幕吏、貧しい農民までが英語で会話しているのがアメリカ映画らしい大雑把さだが、そこを厳密にやるとただでさえ2時間40分もある映画がもっと長くなってしまうのでそれはまあいい。
遠藤周作がキリスト教徒であることからして、キリシタンが善玉、取り締まる幕吏が悪玉という構図かと思っていたがそうではなかった事を高く評価したい。なにしろタイトルの『沈黙』とは、苛烈な迫害を受けているキリシタンの苦難に対してなぜ神は助けに来ず、知らん顔をして沈黙しているのかという意味だ。

キリシタン・幕吏、双方の言い分を丁寧に描写しているのが良かった。僕はキリスト教が嫌いなので、幕吏の言い分の方が真っ当に聞こえた。
それに、意外な事だが幕吏のキリシタン取り締りは「何がなんでもキリシタンは死刑」というものではない。棄教を宣すれば無罪放免にしてくれるし、踏み絵に至っては「本当はこっちだってこんな物はどうでもいいのだ。絵ぐらい踏んだって信心に影響はなかろう。かする程度でもいいからとにかく踏んでくれ」と親切にすら見える態度でキリシタンを説得している。処刑する時も「何度見ても嫌なものだ」とこぼしている。残忍に殺戮を楽しんでいるわけでは断じてない。
翻って、日本では迫害されていたカトリックは中南米で何をしていただろう。「異教徒だから」という理由で原住民を山ほど殺しインカ帝国を滅ぼしているではないか。十字軍はイスラム教徒を殺しまくっているし、ヨーロッパ本土では同じキリスト教徒でもプロテスタントをやはり片っ端から殺している。長崎の隠れキリシタン弾圧を盾に被害者面をする資格がカトリックにあるはずもない。

映画が良かったので書店で原作を買った。近いうちに読みたい。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ