人類の習性

2020/8/27 | 投稿者: 鹿苑院

韓国の政治家が透け透けメッシュのマスクを着けていたので国内で論争になっているというニュースを見て、あぁやっぱりこういう事になったかと苦笑してしまった。予言するが日本でも遠からず同じ現象が起こることだろう。

『手段の目的化』──これはもう人類の習性と言っていい。
マスクを着用することは本来はコロナウイルス感染症の拡大を防止するのが目的だったはずだが、いつの間にかマスクを着用すること自体が目的になってしまっている。
人から「あいつマスク着けてないぞ」という目で見られさえしなければそれで良くなって、感染拡大防止に意味があるかどうかはどうでもよくなる。

馬鹿だと笑うのは簡単だが、手段の目的化は誰でも陥る考え方の罠である。
世界史を眺めれば宗教戦争などその最たるものだろう。本来は宗教とはみんなが幸せに平和に暮らすためにあるものだろうけど、その宗教の違いで殺し合うことをもう人類は何千年もやっている。
中東あたりで殺し合っている方々に、件の韓国政治家の透け透けメッシュマスクの写真を見せて、「あなたたちがやっていることはこれですよ」と教えてやったらきっと激怒することだろう。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ