元善光寺参拝

2020/6/21 | 投稿者: 鹿苑院

善光寺が長野に移る前は飯田にあった。善光寺のいわば元祖がその飯田の元善光寺である。
長野の善光寺だけでは片詣りで、元善光寺にも参って初めて完全な参拝になるという。ちなみに同じことが上田の北向観音でも言われているがそれはまた別の機会にするとして。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



やってきました元善光寺。ちなみに長野の善光寺に参拝したのはいつだったかとこのブログ内で検索してみたらちょうど10年前だった。往生極楽も結構だが今は現世利益もなんとしても叶えてほしい浄土教徒の僕にとって、善光寺というのはまさに渡りに船である。
元善光寺は小さなお寺だと書いてあるレビューも見たが、それを読んで想像したものよりは大きく立派なお寺だった。宝物館の見応えは満点。数ある展示品の中で最も僕を感動させたのは恵心僧都源信筆の善光寺如来絵像である。比叡山に住む恵心僧都がはるか信濃の善光寺如来を絵姿に描くほど崇めるという事実はこの如来がいかにありがたいかを物語ると言えよう。

おみくじを引いたところ、もしかしたら生まれて初めてかもしれない凶を引いた。ちょっと鼻白んだが、よく考えてみたら今の状況で大吉が出たらそりゃあウソだろうと思う。紛れもなく今置かれている状況は凶なのだから当たっていることに感嘆するべきだろう。
「凶」は「強」に通じるし、これ以上悪くはならないのであとは上昇するだけだから逆に縁起が良いともいう。ちなみに元善光寺では凶が出た人に災い転じて福と為すの護符をくれるというのでありがたく頂いた。

今日に先立って善光寺に関する書籍をいくつか読んだが、最も心を打たれたのは良善法印という山伏に善光寺如来が与えた夢告である。
「浄土宗という宗派はなく、浄土門というべきである。どの宗派の者も結局はこの門をくぐるがゆえに」
という。
かの道元禅師は自分の教えは釈尊が教えた仏教そのものという自負から、曹洞宗と呼ばれることを嫌ったというがそれに近いものを感じる。
しかし僕は宗派意識から抜け出せないみみっちい男なので、善光寺精神に反すると知りながら敢えてこの夢告にかなう宗派を挙げるとしたら、それは一遍上人の時宗であろう。偶然にも最近、「死してなお踊れ 一遍上人伝」という小説を読んでべらぼうに面白く、また感動もしたばかりである。
時宗は日本の仏教十三宗の中では後発と言っていいが、鎌倉時代の宗教改革の最後に辿り着いたのは日本仏教の元祖というべき善光寺イズムに極めて近いものだったというのはなんとも尊い気持ちがする。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ