志村けん逝去

2020/3/30 | 投稿者: 鹿苑院

大半の人にとっては会ったことも話したこともない赤の他人。でもめいめいが彼との思い出をなにかしら持っていて、とても身近に感じている──志村けんとはそういう人ではなかったか。僕も幼少期の思い出はだいじょうぶだぁと共にある。

ドリフ、志村けんのコントはもはや、麗しき日本の伝統芸能だと言っていい。何度見ても笑えるし、明るい気持ちになる。
どこの御家庭でも、「今日はドリフやるよ」の代義語として「今日は志村やるよ」という言い回しを普通にしていたのではないか。これを「長介やるよ」とか「カトちゃんやるよ」とは言わないのである。加入が一番遅かったにも関わらず、ドリフの顔は紛れもなく志村だった。

コロナウイルスに感染したというニュースを聞いてもあまり気に留めなかった。しばらくすれば退院してくるだろうとしか思わなかった。ついこの間もだいじょうぶだぁの特番をやっていたが、あれが見納めになるなどと考えもしなかった。それがまさかこんな結果になるとは…。
コロナウイルスは日本の至宝を奪っていった。いまだに悪い夢を見ているような、信じられない気持ちである。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ