エンドレス卒業式練習

2020/2/6 | 投稿者: 鹿苑院

2月というと、小学校ではそろそろ卒業式のエンドレス練習が始まる頃だろうか。小学校ではいろいろと馬鹿馬鹿しいことがあったが、卒業式の練習はその中でもかなり上位に来る。

「卒業生への呼びかけ」と称する茶番では『かばんを持ってあげようかと優しく声をかけてくださった6年生のお兄さん、お姉さん』という一切記憶にない捏造話を毎年斉唱させられるのだが、今になって考えると子供に大声で嘘を唱えさせるというのは毛沢東・金日成のやり方そのものであり、日教組はやはり共産党なのだという事に思い至る。

中学・高校は僕にとって概ね楽しく、学校が好きだったが、卒業式の練習が意外にあっさりしていたこともあの学校が好きなポイントの一つでもあった。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ