くたばれ経団連

2020/1/23 | 投稿者: 鹿苑院

経団連が「日本型雇用の見直し」という寝言をほざいていたのでウンザリさせられた。この季節になると毎年同じことを言っているので、ヤツらが何も考えておらずに例年と同じルーティンを繰り返しているだけなのは明白だが、それにしてもまだそんなことを言っているのは本当に連中の頭は空っぽなのだろう。

「日本型雇用の見直し」とは要するに、年功序列と終身雇用をやめて成果主義・実力主義にしようという意味だが、まずとっくのとうに日本はそうなっている。今さらそれを目標として掲げているのがツッコミポイントの第一。
そしてそうなった結果、日本は未曽有の不景気に見舞われているのにその間違いにまだ気付いていないのがツッコミポイントの第二。

いかに現時点では勝ち組にいられるスキルを持った人間でも、恐ろしいほど次から次に世の中に新しい横文字が溢れ、目まぐるしく変わっていく社会で今後何十年も自分のスキルが時代遅れになることなく通用し続ける自信を持てる人間などいない。

バブルを謳歌してきた老人たちは、やれ少子化だ、若者のマイホーム離れだとわめいているが、終身雇用が崩壊して将来がどうなるか分からないのに何十年ものローンを組んで家を買い、子育てをしようとする馬鹿もないであろう。景気回復には経団連の考えている事とは正反対の、「日本型雇用の復活」が特効薬なのはちょっと考えれば分かる。
一握りの勝ち組しか家や高級車などの高い物を買えないからカネの流れは滞り、不景気になる。不景気になればますます世の中の競争は厳しくなり、ボーダーラインが上がれば今は勝ち組の人間でも負け組に転落する。こうして皆が貧乏になっていく。Fuck you 実力主義。ちなみに70年代の若者なら共産主義に救いを見出したかもしれないが、あれがとんでもないまやかしなのはもう誰でも知っている。


子供の頃、日本はこれから年功序列を廃して実力主義になっていくと聞いた時、素晴らしい事ではないかと思った。自分はもちろん有能な側に違いないという子供ならではの根拠のない自信──美化するなら「無限の未来への期待」と言うこともできる──に溢れていたからだ。
大人になって、社会はそう甘いものではなく簡単に勝ち組にはなれない事を痛感した時、実力主義とはいかに厳しいものか分かった。弱者は強者の食い物になるしかなく、自由競争とはいえそのスタート地点は生まれつき不平等である。そういう冷たい社会を歓迎したつもりはない。
「封建的」というと人はあまり良いイメージを持たないが、決められた身分の中でなら競争にさらされることなく大過なく生きていける封建制は実は人に優しいシステムだったのではないか。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ