マザコンと加齢臭

2019/6/16 | 投稿者: 鹿苑院

それまで特に悪いものだと思われていなかったものが、巨大メディアによってネガティブイメージを持って喧伝されると急に世の中の人みんながそれを悪いものだとしか思えなくなるという現象が時にある。

昨日、「世界ふしぎ発見」を見ていたらウズベキスタンの青年が「お母さんが大事、お母さんを幸せにしてあげたい」と言っていた。自分を産み育ててくれた母親を大事に思い、慕うのは人間として当たり前の気持ちだが、こういう事を日本で公言するとたちまちマザコンという言葉を浴びせられることになる。おそらくこの言葉が世に出て否定的なイメージで捉えられるようになったのは佐野史郎演じる冬彦さんからであろう。
ちなみにマザコンを否定的に捉える国は日本くらいのものである。

ヘルマン・ヘッセが「老人特有の甘い香り」と懐かしみを込めて書いた匂いは、資生堂がデオドラント商品を売るために「加齢臭」と名付けて排除すべきものであるかのように喧伝すると、たちまち嫌われる悪臭ということになった。
おじいちゃんおばあちゃんの家を訪れると匂ったあのニオイにホッとしていたという人は実は相当数いたろうに、加齢臭なる言葉が付いてそう言われるとそのニオイを好もしく思う自分はおかしいのではないかという強迫観念に捉われて不快に感じなきゃいけないように思い込み、そうなると本当にそう感じるようになるものだ。

やはり本質的な部分で日本はムラ社会のままでありイジメが好きな国民性だから、次々に新しい言葉を作ってそれに当てはまる人を攻撃するのをいつの時代もやめられないのだ。
今はマザコンや加齢臭を馬鹿にしている人もいつ自分のどういう属性が差別の対象になるかわからない。ご用心ご用心…いや、巨大メディアの前には個人がいかに用心しても抗うことはできまい。ある日突然襲いかかって避けられない天災のようなものである。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ