結婚しました

2019/4/15 | 投稿者: 鹿苑院

駿府城を発った徳川家康が、九男で尾張藩主の義直の婚儀のため名古屋城に入ったのが慶長20年4月10日である。婚儀は12日。終わってもその足を駿府に返すことはなく、そのまま大坂夏の陣への出陣と相成ったのが4月15日である。

その4月15日という日が僕の新たな人生への出陣の日となった。すなわち入籍である。
婚活を始めてから5年。いいかげんな出会い系アプリだとか、彼女作りを目的に通った習い事などから数えればもっと長く足掻き続けてきた。
その間、本当に理不尽な目にもあった。いろんな人に傷付けられたし傷付けもした。受験勉強なら自分が努力すれば合格に近づくが、婚活はどんなに努力しても相手の気まぐれ一つでドボンになる。気まぐれなのでハッキリした理由もないしコンテニューもなく最初からやり直しというクソゲーである。もう二度とやりたくない。
お見合い結婚は恋愛結婚より離婚率が低いという。そりゃそうだろう。こんな理不尽なクソゲーから解放してくれただけでも恩人である。

…とはいうものの、どんなに待ったか知れぬこの日を迎えてみると、手放しで浮かれているというわけではない。いろいろな複雑な手続きで気を緩めることはできなかったし、言い様のない漠然とした不安にも捉われている。これがマリッジブルーというやつだろう。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ