いい加減野球道

2008/8/19 | 投稿者: 鹿野苑

「剛直な文人」の私でも実は草野球をしている。私のいるチームは、勝たなくても楽しめればいいじゃんという気楽なもので、練習や試合に出なくたって何の文句も言われないし、出ればどんな下手くそでもとりあえず1試合に1回は出してくれる(スポーツというのはこうやって気楽に楽しむのが一番だと思う)。
ポジションはライト。守備が下手だからだ(いや、下手なのは守備だけじゃないが)。守備の時の私の仕事は大半が「ライトに飛んできませんよーに」と祈ることなのは言うまでもない。ただ、前に新日本プロレスの中邑真輔選手(大ファン!)がインタビューで、昔野球だかソフトボールだかでピッチャーをやっていたことを語り、最後にこう言って笑っていた。「単に守備ができないからピッチャーにされただけなんですけどね」 そーか、ピッチャーなら守備ができなくてもいいのか…。じゃ今度ピッチャーやろうかな。ライトとどっちが楽かな…と守備から逃げることしか考えてない。それでいいのさ、遊びだもん。チームが勝つこととかヒット打つことよりも、憧れの選手になった気持ちに浸ることの方が大事。素人が勝手なことを果てしなくうだうだと言い続けながら楽しめるから草野球なんだ。私はそんないい加減な草野球が大好きである。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ