これが日本の新聞のレベル

2018/3/31 | 投稿者: 鹿苑院

麻生大臣の「森友の方がTPPより重要だと考えているのが日本の新聞のレベル」という、至極真っ当な正論。それに対する中日新聞の今朝の記事がこれ。

クリックすると元のサイズで表示します



唖然呆然である。かねがねアホだと思っていたが中日新聞はここまで腐っていたのか。
百田尚樹さんの時もそうだったが、マスコミが一番怒るのはマスコミ批判らしい。「これまで多々ある暴言の域を超えている」「報道機関をおとしめるような暴言は看過できない」とはなんたる言い草か。報道機関の人間自らが言うことか。百歩譲って麻生発言が暴言だとしても、その被害を受けたのは新聞社だけなのだから会議室で内輪で話し合えばいいことで、記事に書くような事ではない。著しく公共性・公益性に欠ける。

さらに、毎日のように安倍政権への批判を散々に書いているくせに、自分たちへの批判は暴言としか思わないのか。自分たちの政権への批判はOKだが自分たちへの批判は許さんぞというわけか。
日頃は集団で誰かの陰口をたたいているくせに、メンバーの誰かが外部から何か言われると「◯◯ちゃんにひどいこと言わないでよ!」と逆上するブス女グループと同じメンタリティだ。

麻生大臣の言う通り、これが日本の新聞のレベル。麻生大臣の辞任を求めるよりもまず、これを書いた記者を新聞社はクビにするべきで、中日新聞も廃刊が検討されていい。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ