青春の握り拳

2017/10/8 | 投稿者: 鹿苑院

なんとなくTwitterを見ていたらなんと今日、隣町のイオンに小橋建太さんがトークショーに来るという情報が入ってきた。これがストーカー市川やヨネ原人ならわざわざ行かないが、一時代を築いた小橋選手ほどの超大物がそんな近くに来てくれるなら行かないわけにはいかないではないか!

伝え聞く人柄によく似合った朴訥な話し方が特徴的で、本人も言っていたように滑舌は良いとは言えないけども、例えば天龍さんのように聞き取りにくい滑舌の悪さではない。むしろ聞き取りやすい話し方だった。
トークショー後に握手とツーショット写真を撮ってくださったが、その人柄に甘えてつい熱く励ましてもらいたくなり、今抱えているある悩みについて手短に話したところ、僕の手を力強く握りしめたまま、はがし役につつかれても気にせず励まし続けてくださったことに涙が出そうだった。
「頑張ってる奴に頑張れって言うのはおかしいっていう人もいるけど、やっぱり頑張るしかないんだよ! 頑張れよ!」という言葉が印象に残っている。

「僕は青春という言葉が好きです。青春は若い人だけのものではありません。僕は今50歳ですが、60歳になっても70歳になっても80歳になっても90歳になっても100歳になっても青春はやってきます」という言葉も、かねがね「自分に青春はなかったな…」と思っている僕にとってこの上ない言葉だった。

とにかく小橋さんという人は力強く温かく、心に染み入る人だった。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ