名古屋城天守閣改築へ

2017/3/30 | 投稿者: 鹿苑院

名古屋城天守閣の木造再建が決まった。もちろん財源の問題があるし、名古屋市民の間でも賛否両論あるが、名古屋市民でないごく無責任な歴史ファンの立場からは賛成したい。

鉄筋コンクリートの現天守には思い出が詰まっている。だからあれが取り壊されることは寂しいといえば寂しいが、内部は城の風情など微塵もなくエレベーターで昇り降りできるものだから「あれは城じゃない」という声も少なくない。三大都市と言われながら市内に観光地らしい観光地が無いという名古屋の弱点を補強する意義も大きい。
徳川家康が計画し、小堀遠州がデザインし、加藤清正が陣頭指揮をとって築いた天下無双の城…その本当の姿をこの目で見たい。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ