東海モラトリアム

2017/1/27 | 投稿者: 鹿苑院

「東海地方のお嬢さんは縁談をまとめるのが本当に大変」──東京にも支部を持つ結婚相談所のスタッフのおばさんがそう言っていた。その理由は、「保守的で親元を離れたがらないから」だそうだ。
その時はふーん、なるほどという程度に聞いていたが、今はその分析の的確さに舌を巻く思いがする。

婚活とは関係無いが、昔の職場にいた事務の女の子も「結婚しても絶対○○市から出ない。○○市に住んでくれる人としか結婚しない」と言い切っていた。自分の生まれ育った土地以外はアネクメネだと思い込んでいる女性は少なくともここ東海地方では彼女に限った話ではない。

オレがお見合いをして、まあ本格的に付き合ったといえるであろう最初の女性もそういうタイプだった。オレはその彼女を家に連れてきて両親に会わせるところまでいったのだが、その少し後にフラれた。
両親は「うちの家を見て『なんだ、こんなところか』と思われたんだろう」と分析していたが、それは違うと断言できる。別に我が家はとりたてて狭くもないしボロくもない。むしろおそらく(外からしか見たことがないが)彼女の家より広いはずである。
では本当の理由は何かというと、きっと彼女は結婚が現実味を帯びてきたら親元から離れることが急に怖くなったのだ。毎晩2時までゲームをやり、仕事は半日だけのパート(それすら最近始めたばかりでずっと家事手伝いだったらしい)で許されているぬるま湯モラトリアム生活をやめたくなかったのだ。
無論それは30歳近い成人の考えとしてはあるべきでないことだけど、「ここ東海地方はそういう保守的な人が多いから」と言われればなんとなく納得してしまうものがあるのは同じ東海地方民ないしはビジネスか何かで東海地方民と関わったことがある人ならわからないこともない感覚と言っていいのではないか。

つい最近も「生活感が合わないから」という理由で断ってきた女性がいたが、何をかいわんやである。自分のそれまでのライフスタイルを捨ててパートナーと新しいそれを作るのが結婚というものではないのか。婚活をしておいて生活感が合わないなどとほざくのは、サッカー部に入っておいてボールを足で蹴るなんてお行儀が悪い!とほざくのと同じくらいに場違いな言動である。どうしても生活感が合う相手を探すとしたら、それは同じ家で生まれ育った兄弟しかいないだろうが、彼女は自分の弟と結婚するつもりなのだろうか。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ