銀メダル良いじゃん

2016/8/21 | 投稿者: 鹿苑院

レスリングほどプロ(プロレス)とアマ(アマレス)で違う競技は他にない。ルールも試合する場の形もまるで違い、ほとんど別の競技である。なので元々オリンピックに興味がないこともあって、プロレスファンではあっても吉田沙保里がやっているレスリングは見ていてもちんぷんかんぷん。

その吉田沙保里が金メダルを逃して大泣きしているのは何故?と思った。これが4位に終わってメダルを獲得できなかったなら気持ちはわかるが、銀メダルならたいしたものじゃないか。「銀メダルに終わってしまって申し訳ないです」とまで言っていたが、やっぱりスポーツに熱い人の感覚って理解できないなと思ってしまった。まずオレなら美的感覚として銀のたおやかな輝き方が好きということもあるが、世界2位になったら大威張りで帰国する。

別に吉田沙保里に限ったことではなく、銀メダルを獲得した選手は似たようなことを言う。これが世界中の選手に見られる傾向なのか日本人だけの現象なのかは知らない。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ