こんにちは、日産ノート

2016/2/25 | 投稿者: 鹿苑院

新しいクルマ、日産ノートがやってきた。今日まで、うれしいとか楽しみとかワクワクという気持ちはほぼなくて、6年乗ったクルマとのお別れが寂しくて、廃車になるのが可哀想で──という、あまりハッピーじゃない気持ちでいた。
不思議なことに、新しいクルマの契約をした少し後から、今までのクルマのオーディオが異音を発するようになった。オレにはそれが「オレももうこんなにガタがきたからそろそろ引退させてくれてもいいぜ」とクルマが言ってくれているように思えて、その異音を聴くたびになんとなく気持ちが楽になっていたものだ。

今回はカーセンサーで検索して、今まで我が家と取引のない隣県の店で買ったので、どこまで信用できるのかという心配も付きまとい、それがハッピーじゃない気持ちの一因にもなっていた。
しかしどうも案ずるより産むが易しだったようだ。納車されたノートを走らせるとまことに良好に走るし、これといった不備も無い(まあ本当は数ヶ月様子を見ないと本当のところはわからないけど)。なんらストレスなく販売店から我が家までの2時間を快適に走ってきた。

しかしやっぱり、今までのクルマと別れる時はちょっと涙が出そうになりましたね。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ