革命終焉

2015/11/16 | 投稿者: 鹿苑院

今年はプロ野球では中日ドラゴンズの山本昌投手が引退したが、同じく恐ろしく現役が長かった選手がマット界でも昨日引退した。『風雲昇り龍』『ミスター・プロレス』天龍源一郎選手である。

天龍が引退試合の相手にオカダ・カズチカを選んだ時はおいおいマジかよと思った。ベテランレスラーの引退試合というとだいたいはゆかりのあるレスラーを集めての6人タッグくらいになるのが多いが、現在トップの中のトップであるオカダとのシングル対決など、言い方は悪いが老いて引退するレスラーには荷が重すぎる。長州力も「自分ならそんな選択は絶対しない」と言っていた。
だから、天龍が勝つということはないだろうなとも予想した。ここで天龍が勝つのはいくらなんでも説得力がなさすぎる。IWGPを巡って死闘を繰り広げているオカダや棚橋、AJスタイルズは老いて引退するレスラーより弱いというわけにはいかないだろう。

ただ、天龍がオカダを破ってIWGPを獲り、引退のため即日返上ということになったらカッコいいなとも期待した。そしてやはり、期待はただの期待に終わった。予想通り、オカダの勝利。しかしオカダの額には痛々しい流血があった。普段の新日本の試合では長らく見たことがなかった、これぞ天龍というような痛みが伝わる攻撃。昇り龍がマット界に残した最後の爪痕である。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ