都構想否決で浮き彫りになったこと

2015/5/18 | 投稿者: 鹿苑院

橋下だの維新の会だのには「胡散臭い」という以上の感想は持っていないので、大阪都構想もどこか白い眼で見ていた。橋下政界引退のニュースも喜ばしい気持ちで聞いた。
しかし、都構想が否決されたことへのネット民の反応がほとんど、「これで大阪は破綻する」というような書き込みばかりなので意外だった。維新の会を支持しているのは新聞とテレビニュースとワイドショーしか情報源のない層がほとんどだと思っていたからだ。

ともあれ、オレは都構想を支持していなかった側なのだけど、味方のはずの反対票を投じた人がテレビのインタビューで言っていたことがこれまた気に入らなかった。
「政策についてどうのというのは特に無いんやけど、大阪市がなくなるのは寂しいから反対にした」という。
およそ真面目に調べもしていなければ考えもしていないのがまるわかりで、こういう人間にも選挙権があるという事実。
主権在民の意味を何回説明されても理解せず、「政策のことはよくわからん。難しいことは政治家に任せとけばいい」といいかげんに判断する有権者。
やっぱりこの国に民主主義は向いていない。日本にはいっそ独裁者が必要であるとまで言ったら暴論か。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ