化学物質DHMOについて

2008/6/28 | 投稿者: 鹿野苑

DHMOという化学物質がある。常温下では液体であり、無色、無臭、無味である。以下、この物質の特徴を述べていく。

1、液体DHMOを大量に吸い込むことで毎年多くの死者が出ている。
2、少量の摂取ならすぐに死ぬことはないが、強い依存性を持ち、その状態になると毎日摂取しなければ精神に強い苦痛を感じる。
3、固形状態のDHMOに長時間触れると身体組織に損傷をきたす。
4、加熱したDHMOは重篤なやけどの原因になる。
5、気化したDHMOが目に入ると強い刺激を与え、最悪の場合は失明に至る。
6、末期がん患者の悪性腫瘍から検出される。
7、酸性雨の構成成分のひとつである。
8、金属の腐食を進行させる。
9、妊婦がこれを摂取した場合、胎盤を通過して胎児にも伝わる。

しかし、これらの性質にも関わらずDHMOは至る所で多用されている。工業用の溶媒、冷却材、発泡スチロールの製造、防火剤、各種の残酷な動物実験、農薬の散布、軍事目的等々…。原子力発電所でも使用されているし、多くのジャンクフードにも含まれている。適切な処置を行えばDHMOの除去は可能だが、時間とコストが掛かるので多くの企業は行わず、なんと使用済みのDHMOをそのまま河川に流しているのである。今のところこれを取り締まる法律もない。そのせいかどうか、日本の多くの河川からDHMOが検出されている。

列記したような危険な特徴は様々あるものの、工業などの面において便利なのは事実なのだ。皆さんの意見をお聞きしたい。このDHMOを法律で厳しく取り締まるべきだろうか?
0



2008/6/29  11:15

投稿者:鹿野苑

引っ掛けるようなことをしてすみません。真相は次の記事に書きました。
これは心理学の実験です。安頓さんほどの公正で温厚な人でも「取り締まるということに対して、異論はない」となってしまうのですから、この種の扇動がいかに怖いか…それを証明することができました。

2008/6/28  18:18

投稿者:安頓

DHMOという化学物質、鹿野苑さんの説明から危険なことは十分理解できます。

当然取り締まるということに対して、異論はないでしょうが、工業用に欠かせない物質ということなので、これは企業の利益、そして政治との絡みでは政治献金などと密接に関連がありそうな気がします。

見て見ぬ振り、あえて触れない…
そんな感じがします。
それこそ、野党からそういった調査結果を基に立法を働きかけたらいいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょう?

http://blog.goo.ne.jp/pegasus_es2004

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ