総括衆院選

2012/12/17 | 投稿者: 鹿苑院

予想通りではないが望み通りの結果になった。

オレの好き嫌いはともかくとして、維新の会はもっと議席を取れると思っていたが、民主党以下とは予想外だった。政権担当経験が無い党を与党にすることの危険性を日本国民も学習したということだろう。

で、自民党が第一党になることは読めていたけど、単独で過半数に行くかどうかがポイントだった。なぜなら単独過半数なら公明党と連立する必要がもはや無くなるからである。憲法9条改正、国防軍創設なら連立やめると公明党は発言したので、安倍新総理がこれを断行するならこの国にとって幸運な手切れは実現するだろう。改憲には2/3以上の賛成が必要だが、公明党が反対する代わりに維新の会が賛成するだろうからどのみち公明党の協力はもはや必要無い。もともと自民党は右寄りで公明党は左翼なので、今まで組んでいたことの方が不自然なのだ。

今朝もフジテレビでは何故か中国と韓国の反応を紹介していた。「右傾化を懸念」と言っていたが、おおいに結構なことだ。中韓を安心させるような総理大臣なんか要らん。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ