美しい国をもう一度

2012/9/26 | 投稿者: 鹿苑院

自民党総裁選は安倍晋三氏が勝利した。おそらく次の総理大臣になるだろう。

過去のブログを読んでもらえれば、かつてオレは安倍さんが嫌いだったことがわかっていただけると思う。「右翼で長州閥」というのが自分の主義思想と正反対だったからだ。
しかし勉強してどうやら日本の「右翼」は世界標準でいう「真ん中」を指すことがわかると、安倍さんの右翼という部分は嫌いな理由としては成立しなくなった。むしろ積極的に支持する要素になった。
徳川信奉者・会津贔屓のオレとしては長州閥の部分はまだ多少引っ掛かるが、中国や韓国の侵略軍よりは同じ日本人の長州の方がずっと良いのは当然である。今や外敵を前に日本人同士で会津だ長州だと昔の恨みを言っている場合ではない。

憲法改正、集団的自衛権の行使、河野談話・村山談話の破棄という必要なことを全部明言していたのは安倍さんだけで、石破さんでもここまで徹底してはいなかった。最も毅然とした外交政策を主張していた人が当選したわけで、日本人としてはまずは喜んでいい。

がんばれ安倍さん、期待しています。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ