異説 金瓶梅

2012/4/30 | 投稿者: 鹿苑院

新宿御苑・シアターサンモールにて公演された「異説 金瓶梅」。昨日見に行ったがいい芝居だった。原作を通勤電車の中で読んでいたのはこれに備えて予習していたためで、つまりそのくらい楽しみにしていたわけだ。

「異説」というだけに原作と違うところも多々ある。
原作では呉月娘や孟玉楼は温厚な常識人であんなに怖い女ではなく、月娘と王伯爵が密通していたという話もない。
李瓶児が潘金蓮に殺されたのは、原作ではああも直接的ではなく、瓶児が産んだ子供を金蓮が猫に襲わせて殺し、そのショックで瓶児も病にかかって死ぬ。
西門慶の死も金蓮に刺し殺されたのではなく、金蓮に限度を超えた量の媚薬を飲まされたためにキン○マが破裂して寝込んだ末に病死する。
孫雪娥は手代の玳安と結婚して幸せになれたことに舞台ではなっていたが、原作ではまったく別の男と結婚しようとし、その男が陳経済を殺して罪人になったので首吊り自殺をしてしまう。

なにしろエロい物語なので、贔屓の女優があんなことやこんなことになってるのも見る羽目になったわけで、もちろんショッキングだったんだが、そもそも金瓶梅を見に行ってそんなの見たくないというのは、歯医者に来ておいて「痛いのはイヤ」とか「キーンっていう機械の音がイヤ」とかいうのと同じで、そこに来る最低限の覚悟さえ出来ていない者が言うことである。オレもそういう人には苦労した。

オレは孫雪娥に会いたくてこの舞台を見に行ったのだけど、公演後がこの劇団の偉いところで、出演者自らがロビーに出てパンフレットを売ったり、話をしてくれたりするのだ。オレも雪娥さんを捕まえてほとんどゼロ距離でたくさん話ができた。こういうのは『数分間のもう一つの公演』と言って良い。これあるからこそ満足度が120%になった。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ