国語力は大事

2012/3/2 | 投稿者: 鹿苑院

英論文を訳してみて気が付いたこと。ガチで英文を和訳するのは大学の一般教養以来だから8年ぶりくらいだが、結構いける。単語は忘れまくっているのでいちいちgooのネット辞書を参照しているが、かなり複雑な文のはずなのに単語さえわかればそれを組み合わせてちゃんとした日本文にすることは案外できる。

これはきっと英語力ではなくて国語力なのだと思う。日本語をいかに使いこなせるかの問題である。なるほどそれならオレはずっと訓練し続けてきたはずだ。片時も歴史小説や仏教書が手放せない本の虫だし、このブログを書くのにも持てる文章構成力を使い続けている。だから国語力に関しては錆び付く道理がない。

例えば数学の成績が悪い生徒の中には、オレみたいに本当に数学センスの無いやつも多数いるが、一方で「単純な計算問題ならできるけど文章題になるとできない、問題文の意味がわからない」というやつも多い。これも数学力ではなくやはり国語力の問題で、何を問われているかわからなければ当然回答できる訳がないのだ。そう考えると数学の問題をすらすら解ける人は国語力の上に高い数学力も持ち合わせている訳で、オレなどからみれば化け物(敬意を込めた表現)である。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ