0.5秒でわかるウソ

2012/2/27 | 投稿者: 鹿苑院

前の記事を書いた直後に、タイムリーに中国関連のニュースが飛び込んできた。
中国「日本軍は沖縄で、琉球人民を26万人殺した」
もっと詳しく引用すると、
「1945年の終戦間際に日本軍は現地軍に沖縄県民の皆殺しを命じ、米軍占領の直前に26万人を殺し、虐殺の規模は南京大虐殺に次ぐものとなった」
「今沖繩では琉球独立運動が激化し、中国はそれを支援するべき」

(人民日報傘下の「環球時報」)

オレはこのニュースにまず失笑して、その後で「やれやれまた始まったか」とうんざりした。
米軍が攻めてくるというのにどうして応戦準備そっちのけで自国民を殺す必要があるのか。26万人といえば沖縄県民のほぼ全員に相当するが、そんなに殺せるものか。現代の沖縄県民はその後でどこかから移住してきた人とでも言うつもりか。そして、今の沖縄で日本からの独立運動が起きているなど聞いたこともない。

荒唐無稽というか、あまりにもアホらしい。中国政府の内部でも、このプロパガンダを捏造するにあたって「ねえ、この話、無理がありすぎない?」と誰か1人でも思わなかったのだろうか?
さらに言えば、南京大虐殺を否定する側の論客には「な、こんなムチャクチャ言い出す連中が言うことだから南京大虐殺だってウソなんだよ」という格好の材料を与えたことになる。すぐバレるしょーもないウソをつくことで中国は自分たちの首を絞めていることに気が付かないのだろうか。

前の記事の内容を引っ張って言うならば、今は亡き司馬遼太郎さんにこういう中国共産党の醜態を教えてあげたい。これは別に皮肉や嫌味ではなく、オレも司馬遼太郎ファンの一人として、司馬さんが騙されたということが我慢ならないのだ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ