ゆすりたかり

2011/12/19 | 投稿者: 鹿苑院

優しさを失わないでくれ。
弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
たとえその気持ちが、何百回裏切られようと──。



この「エースの願い」の末尾の部分を今噛み締めている。また裏切られたのだ。韓国に。
日本大使館前に従軍慰安婦の銅像を建てて、謝罪と賠償をしなければ何体でも建てる。日本は永遠の負い目を持つだろうとの言い草。従軍慰安婦の強制連行はウソだというのは世界の共通認識になっているというのに、日本はお人好しにももう何十年も賠償金を払い続けているではないか。それでも尚、それはなかったことにしてまた一から払えと言わんばかりのこの態度。もう日本人はウンザリしてます。

先日、「君は韓国嫌いだから」と言われて驚いた。そういう自覚はなかったのだが、過去のブログを読み返してみるとそう取られても不自然ではない記述が時々あるのは否めない。私の友人にはいわゆる在日韓国人もいるし、百済の聖明王には仏教徒として恩義を感じてもいる。なにより「エースの願い」もあるので韓国を全否定する気持ちはもちろん無いのだが、今回のような態度は許容しがたいと思う。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ