2019/8/11 | 投稿者: 鹿苑院

……というのが堀江由衣さんの食べ方だという。以前にラジオで力説していたが、この醤油はポン酢や酢醤油であってはならず、あくまでもシンプルな醤油でなければならぬ。

結婚してみてカルチャーショックだったことの一つは、無類の生姜好きの妻が「チューブの生姜なんて買ったことない」と言い出したことである。実家が農家だから庭で穫れるというのがその理由。おかげで我が家の冷蔵庫には常時まるのままの生姜(これはスーパーで買った物だが)が入っていて、必要な時だけすりおろしたり刻んだりして使っている。
ハウスさんやS&Bさんには悪いが、生姜だけはどうしても本物をすりおろした物とチューブではその鮮烈さの違いが如何ともしがたい。

余談だが、在位50年&子供55人の元気な記録を持つ徳川家斉の好物は生姜であったという。生姜農家には生姜さえ納めれば他の租税は免除していたほどだ。
次代の家慶は父とは不仲だったが(家斉が日蓮宗、家慶が浄土宗という犬猿の仲と言っていい宗派同士を信仰していたため)、生姜好きだけは気が合っていた。天保の改革で将軍家も経費節約と相成り、御膳に登る生姜がなくなったことに家慶は憤慨したという。

……。

さて、餃子は昨日の残りが冷蔵庫にあった。おろし金で生姜をすりおろし、醤油で食べてみたところ、これは美味いと膝を打った。本当に美味いから皆様も試してみてほしい。
0

2019/8/11 | 投稿者: 鹿苑院

慰安婦少女像、昭和天皇の写真を焼き踏みつける、特攻隊を「馬鹿な日本人」……。
当然のごとく抗議が殺到して展示中止になったことは愛知県および東海地方のみならず全国ニュースにもなっている。

各マスコミの態度がこの件ほど露骨なのも珍しい。
テレビ朝日系の「羽鳥慎一モーニングショー」では左派の論客だけを呼んで全力で擁護していた。右派の論者も呼んで討論させなければ公平ではないが、左派しか呼ばずに大同小異の意見ばかりを銘々が唱えているのを放送する、結論ありきの汚いやり方だ。

朝日新聞の社説はこうである。以下に引用する。


人々が意見をぶつけ合い、社会をより良いものにしていく。その営みを根底で支える「表現の自由」が大きく傷つけられた。深刻な事態である。国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」が、開幕直後に中止に追い込まれた。

過去に公的施設などで展示が許されなかった作品を集め、表現行為について考えを深めようという展示だった。芸術祭として個々の作品への賛意を示すものではなかったが、慰安婦に着想を得た少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像に抗議が殺到した。放火の予告まであったという。もはや犯罪だ。警察は問題の重大さを認識し、捜査を尽くさねばならない。

気に入らない言論や作品に対し、表現者にとどまらず周囲にまで攻撃の矛先を向け、封殺しようとする動きが近年相次ぐ。今回はさらに、政治家による露骨な介入が加わった。芸術祭実行委の会長代行を務める河村たかし名古屋市長が、「日本国民の心を踏みにじる」などと展示の中止を求め、関係者に謝罪を迫ったのだ。

市長が独自の考えに基づいて作品の是非を判断し、圧力を加える。それは権力の乱用に他ならない。憲法が表現の自由を保障している趣旨を理解しない行いで、到底正当化できない。菅官房長官や柴山昌彦文部科学相も、芸術祭への助成の見直しを示唆する発言をした。共通するのは「公的施設を使い、公金を受け取るのであれば、行政の意に沿わぬ表現をするべきではない」という発想である。

明らかな間違いだ。税金は今の政治や社会のあり方に疑問を抱いている人も納める。そうした層も含む様々なニーズをくみ取り、社会の土台を整備・運営するために使われるものだ。まして問題とされたのは、多数決で当否を論じることのできない表現活動である。行政には、選任した芸術監督の裁量に判断を委ね、多様性を保障することに最大限の配慮をすることが求められる。その逆をゆく市長らの言動は、萎縮を招き、社会の活力を失わせるだけだ。

主催者側にも顧みるべき点があるだろう。予想される抗議活動への備えは十分だったか。中止に至るまでの経緯や関係者への説明に不備はなかったか。丁寧に検証して、今後への教訓とすることが欠かせない。一連の事態は、社会がまさに「不自由」で息苦しい状態になってきていることを、目に見える形で突きつけた。病理に向き合い、表現の自由を抑圧するような動きには異を唱え続ける。そうすることで同様の事態を繰り返させない力としたい。



引用終わり。

この二枚舌はどうであろう。日本人が韓国を批判することに対してはヘイトスピーチを法で規制しろとあれほど書いていたくせにである。

だいたい、「表現の不自由展」と名乗り、過去に展示が許可されなかった物を集めて、言論と表現の自由が脅かされているのではないかという危機意識を訴えるというのなら、あらゆる理由で展示が許可されなかった物を集めるべきである。それには猥褻、グロ、残酷などいろいろあるはずだが、なぜ反日的過ぎて展示できなかった物ばかり扱うのか。それでは反日展だと思われて当然だろう。


なお、産経新聞はこの芸術監督・津田大介氏をこう評している。


津田氏は「ジャーナリスト」という肩書きを使っているが、やめていただきたい。ジャーナリストは、世の中の出来事や問題点を報道・論評する職業で、自ら騒ぎを起こす商売ではない。これからは「左系運動家」と名乗られるのが、よろしかろう。


まったく同感である。
0

2019/8/4 | 投稿者: 鹿苑院

僕にしては遅いペースで読み終えた。やはり新生活はいろいろあって、のんびりまとまった時間を読書に使うことができないのがつらいところ。あと僕はテレビがついている部屋だとか、人に話しかけられながら読書することができない体質なのも災いしている(父はそれができる)。

前編(斎藤道三編)はワクワクの連続でとても面白かった。後編(織田信長編と言いつつ実質は明智光秀編)になるとやや密度が下がったような印象を受けた。
桶狭間もあっさりとしていたし、長篠や山崎天王山などはほぼナレーションのみである。前編で道三が木下闇と名乗る忍者と決闘するシーン(まったく歴史が動いてない)とか要らんから最後の締めくくりである山崎の戦いぐらいはもっと細やかに書けなかったのだろうか。
なんか前半を張り切って書き過ぎたおかげで後半はページ数に余裕がなくなって駆け足にならざるを得なかったんだろうな、という事情が垣間見えてしまう。
……と文句を言いつつもさすがは司馬遼太郎で、それでも凡百の作品よりはこの後編もじゅうぶん面白かったとフォローしておく。

ところで読んでいて、昔週刊少年マガジンで連載されていた「TENKA FUBU 信長」に似ている点がいくつもあることに気付いた。
信長と光秀を道三の相弟子として捉えていること、「無能な君主は存在自体が罪である」という主人公の思想など、物語の骨格部分がそっくりである。むろん偶然であるはずはなく、「TENKA FUBU 信長」は「国盗り物語」をトレースしているのだろう。
0

2019/7/26 | 投稿者: 鹿苑院

出身地が違う人と結婚した場合、味噌争いは避けられないかもしれない。植木等主演の「名古屋嫁入り物語」にもそういうシーンがあった。
僕は三河の赤味噌か奥美濃の郡上味噌が好きなのだが、近江育ちの妻は良い顔をしない。妻の言いなりに従うと京都の白味噌になるが、どうもこういう軟弱な味噌では味噌汁を飲んだ気がしなくて困る。
落とし所として白羽の矢を立てたのが仙台味噌である。この味噌の旨さは僕は経験済みだから、未経験の妻が拒否さえしなければ今後仙台味噌が我が家のメイン味噌になっていくかもしれない。

秀吉の朝鮮出兵の時、日本各地の大名がご当地の味噌を持って朝鮮に渡った。これらはすべて慣れぬ風土で腐ってしまったのだが、伊達家が持参した味噌だけは腐らずその風味を保ち続けたので諸将が乞うて分けてもらい、仙台味噌は一躍日本全土に名を轟かせた。日本一の味噌とすら言われる由縁である。

近所のスーパーに売っていた仙台味噌はこれである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


呼吸口と書かれた穴が開いていることに注目してほしい。これはスゴイことだ。

クリックすると元のサイズで表示します


味噌は体に良いというが、麹菌が生きていてこそである。しかし麹菌が生きたままパックや袋に詰めると膨らんだり破れたりする元になり、そうなると現代の消費者は買わないから返品になる。このため味噌メーカーはやむなく出荷前に加熱したりアルコールに浸けて麹菌を殺している。
この仙台味噌に呼吸穴が開いているということは麹菌を殺していないということであり、味だけでなく栄養面でも期待できる。
0

2019/7/14 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


こんなこと言ってる不登校小学生YouTuberが話題になってるけど。

算数が電卓でできるのは四則演算だけでしかも整数と小数のみ。計算式を立てられなきゃ電卓があっても役には立たない。
少し前にうちの受付嬢(高卒)に整数×分数の計算を頼んだら、2人掛かりでしばらく悩んだ末に「電卓では分数が出せません」と言ってきた。整数に分子をかけてそれを分母で割ればいいではないかと教えてやったら、2人顔を見合わせて「なんでそうなるんですか!?」などと聞いてきた。こんなことは小学校で習っているはずだと言ってやったら、「やってるわけないですよ! どんな小学校なんですか!?」と驚いていたので、こっちも「あんたらこそどんな小学校なんですか!?」と驚いた次第である。
つまりこういうことなのだ。漢字もググったところで読めなきゃしょうがない。

ただ、よそのクソガキを心配してやるほど優しくはない。アホだなあと思ってブログのネタにするだけの用である。
0

2019/6/30 | 投稿者: 鹿苑院

今読んでいる「国盗り物語」はもうすぐ斎藤道三の死を迎える。死を悟った道三はかつて自らが追放した土岐政頼・頼芸の位牌を参拝するというシーンがあるがこれはおかしい。だって上巻で司馬遼太郎自身の筆で、土岐頼芸は80歳過ぎまで生きた旨が書かれているからだ。筆者のミスである。

そこで頼芸がいつ死んだのかを調べてみると、天正10年12月と出てきた。道三どころか信長が死んでもなお半年をこの前美濃守護職は生きていたことになる。
ただし亡命した没落大名が平穏な生活を送れたわけではなく、遠く弟が養子に入っていた常陸にまで落ち延びたりしているが、最後に落ち着いたのは甲斐だった。武田家の庇護を受けて生活していたことになる。この亡命生活のいずれかの時期に病で失明という過酷な体験もしている。

天正10年の信長による甲州侵攻の際に織田軍に発見され、稲葉一鉄のはからいで美濃に帰ったのが実に30年ぶりである。そこで没したので墓所は美濃の谷汲にある。
0

2019/6/16 | 投稿者: 鹿苑院

それまで特に悪いものだと思われていなかったものが、巨大メディアによってネガティブイメージを持って喧伝されると急に世の中の人みんながそれを悪いものだとしか思えなくなるという現象が時にある。

昨日、「世界ふしぎ発見」を見ていたらウズベキスタンの青年が「お母さんが大事、お母さんを幸せにしてあげたい」と言っていた。自分を産み育ててくれた母親を大事に思い、慕うのは人間として当たり前の気持ちだが、こういう事を日本で公言するとたちまちマザコンという言葉を浴びせられることになる。おそらくこの言葉が世に出て否定的なイメージで捉えられるようになったのは佐野史郎演じる冬彦さんからであろう。
ちなみにマザコンを否定的に捉える国は日本くらいのものである。

ヘルマン・ヘッセが「老人特有の甘い香り」と懐かしみを込めて書いた匂いは、資生堂がデオドラント商品を売るために「加齢臭」と名付けて排除すべきものであるかのように喧伝すると、たちまち嫌われる悪臭ということになった。
おじいちゃんおばあちゃんの家を訪れると匂ったあのニオイにホッとしていたという人は実は相当数いたろうに、加齢臭なる言葉が付いてそう言われるとそのニオイを好もしく思う自分はおかしいのではないかという強迫観念に捉われて不快に感じなきゃいけないように思い込み、そうなると本当にそう感じるようになるものだ。

やはり本質的な部分で日本はムラ社会のままでありイジメが好きな国民性だから、次々に新しい言葉を作ってそれに当てはまる人を攻撃するのをいつの時代もやめられないのだ。
今はマザコンや加齢臭を馬鹿にしている人もいつ自分のどういう属性が差別の対象になるかわからない。ご用心ご用心…いや、巨大メディアの前には個人がいかに用心しても抗うことはできまい。ある日突然襲いかかって避けられない天災のようなものである。
0

2019/6/13 | 投稿者: 鹿苑院

銀行印を注文し終えたので、記念に世界一有名な印について書く。伝国の玉璽である。中国においてこれを持つ者こそが皇帝という、日本でいえば三種の神器のようなものだ。

ただ、三種の神器よりはゆるい扱いかもしれない。だって玉璽を持っていなくても皇帝を名乗った人はたくさんいるから。
日本でも南北朝の頃に北朝は三種の神器を持っていなくても天皇を名乗ったが、少なくとも手に入れようという努力はしていたし、その過程で偽物を掴まされたりもした。
中国の皇帝たちは特に玉璽を手に入れるのに血眼になった雰囲気はなく、「玉璽を持っていないからあの人は偽帝」という判断基準で語る文章を見たこともない。逆に袁術などは玉璽を手にして皇帝を名乗ったのに同時代人からも後世の人からもさんざん偽帝呼ばわりされて擁護らしい擁護がまったくない。水戸学で「三種の神器を持っていなかったから北朝は正統じゃない」と言い切ったのに比べるとえらい違いである。

伝国の玉璽は始皇帝が天下を統一した時に宝玉で作り、秦滅亡後も漢に受け継がれた。前漢が新に簒奪される時、玉璽をよこせとやってきた王莽の使者に王政君が怒りを露わにして投げつけたために一部欠けてしまい、これを金で修繕した。この修繕が本物の証とされるが五代十国時代に紛失されており、今でも行方はわからない。もっとも勝手にレプリカを作って代用品にした王朝はいくつかあるが。
0

2019/6/10 | 投稿者: 鹿苑院

昨日が結婚式だった。結婚式の詳細は書かないが、がっちりとした和装に身を固めたのは記憶にある限り初めてだが予想以上に動きにくいもので、なるほど鳥羽伏見の戦いに幕軍が勝てなかったわけだと妙なことを思った。

…とりあえずそれだけを書く(笑)
0

2019/6/6 | 投稿者: 鹿苑院

…という計画を今遂行中。実店舗2件に問い合わせてみたがどちらも高いのでネットで探す。同じようなものでどうして倍も値段が違うのか不思議だが、こうやって個人経営の中小店舗はインターネット店に客を奪われていくんだなあ…とヘボ経済学者気取りで慨嘆してみる。

象牙の実印はすでに持っているが、新しく作る銀行印は象牙にこだわろうとは思わない。やはりネットとはいえ高価だし、その値段に釣り合うほどは象牙に興味が無い。

最初は柘植にしようかと思った。家康公の入れ歯は柘植でできていたというから、歯科医の僕の財産を管理する印にはふさわしいと思ったのだが、木製は耐久性に難があるのでおすすめしないと言われたのでとりあえず却下。

木製以外でメジャーなのは牛の角とチタンだが、チタンは象牙並みとはいかなくともそれに次ぐぐらい高いのでこれも却下(硬いので彫るのが難しいらしい)。
牛の角なら黒水牛とオランダ水牛があり、両者の物理的特性はほぼ同じ。見た目が違うだけなので好みで選べばいいそうだから、オランダ水牛で検討してみたい。ただしオランダ水牛の方が黒水牛よりわずかに高いようだが。

オランダ水牛は白い中に茶色〜黒色の縞が入るのが一般的だが、上級品はそれがなく真っ白である。ランクが下がるほど縞が多くなっていくが、これも見た目の好みから言って僕はほどほどに木目のような縞があるのが欲しい。完璧なものよりも少し落ちるものを好むのは茶道哲学をかじった影響である。
0




AutoPage最新お知らせ