2021/6/17 | 投稿者: 鹿苑院

父方の祖母の命日に母方の祖母の葬儀という奇妙な巡り合わせになった。
仕事柄老人によく接しているのでそこから出てきた持論だが、高齢になるほど人間は二極化する。すなわち何を見ても文句しか言わないひねくれた老人か、何があってもニコニコしている穏やかな老人のどちらかになる。
僕にとって、後者の代表格が母方の祖母だった。37年間、怒ったところを一度も見たことがない。

94歳という長寿を保ち、死に際こそ誰も立ち会っていないものの、その直前に最後の話し相手になった介護士さんの手を取りニコニコとしていたという。
なにか善導さまの発願文を思い出してしまった。死に際が安楽であるほど上等なグレードでの極楽往生をした証拠と言われるが(浄土真宗ではこの考えは否定しているが)、上品上生の往生とはこれではなかろうか。
0

2021/6/11 | 投稿者: 鹿苑院

僕の趣味はいくつかあるが、最大のものは歴史小説と言っていい。ただ、時々自分でも不思議になる。なぜ歴史小説が面白いのか。なぜ飽きないのか。
だって途中経過も結末も知り尽くしているのだ。どんな本を読んでも信長が桶狭間の戦いに敗北することはないし、坂本龍馬はどうしたって近江屋で暗殺されてしまう。読む前からそんなことはわかっているのにどうしてそれを読むのが面白いのだろう。

僕の心の師・井上義啓氏には「プロレスとは底が丸見えの底なし沼である」という名言がある。
このあまりにも哲学的な言葉の意味を解釈してみると、プロレスというものは勝敗・結果は歴然と見えるし、なんなら見なくてもどっちが勝つかぐらい大抵は予想できるが、そこに至るまでのあれやこれやを考察することにプロレスの妙味があるということだろう。
その意味でプロレスに勝敗の筋書きはあるのかと聞かれれば「あるだろう」と答えざるを得ないが、プロレス観戦とは単純な結果以外の所でレスラーや団体のメッセージを読み解く知的遊戯であると知れば、むしろなまじ真剣勝負で勝敗以外は価値を持たない他のスポーツなど見ていてつまらなくなる。井上義啓氏がプロレスラーのような筋肉隆々のマッチョではなくスーツが似合う紳士なのは知的遊戯の達人なのだから当たり前のことなのだ。

で、ふと気付いたのだが歴史小説の楽しみとはこのプロレスの楽しみ方に似てはいないか。
個々の戦いの勝敗、人物の生死は最初からわかるが、その経緯を書くのに作家ごとのアレンジ、メッセージがそれぞれまったく違う。そこを読むことに歴史小説の醍醐味がある。
そうだ、そうに違いない。高らかに言おう。

『歴史小説とは底が丸見えの底なし沼である』と──。
0

2021/5/23 | 投稿者: 鹿苑院

医療従事者なのでありがたい事に皆様よりいち早くワクチンを射てた。一昨日、2発目を射ったところである。

1発目は注射そのものはまったく痛くなかった。本当に射ったのかと不安になったほどだったが当日の夜ぐらいから腕が痛くなり、翌日はまる一日腕の鈍痛があった。
他に摂取翌日は寝起きのボーっとした感じがまる一日続いていた。僕は元々低血圧なのでこの現象は年に数回あるからワクチンとの関連性はわからないが、2発目を射った時の反応から考えるとやはりこれはワクチンのせいだったのではないかと思う(後述)。

2発目は並の注射ぐらいの痛みはあった。腕の痛みに関しては前回とほぼ同じ挙動を示した。
翌日の体温は37.4℃。感染症による発熱でないことは明白だから来るなとも言われず、確かに苦しい事は苦しいが頑張れば働けない事もないという最も嫌な中途半端な苦しみであったため、結局フルに一日働いた。

特筆すべきは歯科衛生士、歯科助手の皆さんの対応である。
普通、歯科治療というものは歯科医師と衛生士または助手のどちらかによる2人態勢で行われるのが普通だが、アシスタントが付くのは院長の特権という医院もまれにはある。僕が今働いている医院もそのタイプで、おかげで発熱して苦しい中だというのにまる一日オールワンオペ、オールノンアシスタント診療という常人には測り知れない偉大な大記録を達成することができた。大谷翔平も凄いが俺も凄いと言っていいんじゃないだろうか。
スタッフの皆さん、不協力ありがとう! 8月から働く新しい職場での語り草にします!!
0

2021/5/5 | 投稿者: 鹿苑院

4日間も休みがあったはずなのに今日で最後というのがやや信じがたい。やるべきことはすべてやれたので悔いはないが、欲を言えばもう少し体を休めたい気はする。
このところずっと一遍上人と時宗について考えていたがそれを書く気力は今はないのでいずれまた。
0

2021/4/20 | 投稿者: 鹿苑院

古来、日本茶は澄んだ山吹色が最良とされている。緑茶とか紅茶という名前に付いている色の名前はあくまでも乾燥した茶葉の色を指すのであって、抽出液までその色だという意味ではない。

しかるに、近頃一部のペットボトル緑茶のCMで緑茶は緑色であるべきだという喧伝がなされている。
聞けば商品開発部でも緑色にしようとするほどお茶の風味が損なわれていくので大変に苦労したというが、それは不自然な物を作っていることの証左ではないのか。
百歩譲って緑色の独自性を商品の魅力として謳うのは良いが、「緑茶という名前なんだから緑色でなきゃいけない」という間違った認識をマスメディアの強力なエネルギーでばら撒くのはいかがなものだろうか。大袈裟に言わせてもらえば文化の破壊とすら言えないか。

別のペットボトル緑茶のCMでは、「緑茶は味で選ぼう」と言っている。色でなく大事なのは味だろ、というど正論をぶつけてきたわけで、かなり露骨に前者商品に宣戦布告しているCMに見える。
これほど企業間のライバル意識がバチバチと見えるのは傍から見ると面白く興味深い。この商業戦争、目が離せない。
0

2021/4/19 | 投稿者: 鹿苑院

馬油はスキンケアに良いと聞くので一瓶使ってみた感想。
ドラッグストアで1200円ほどで買えた。少量でよく伸びるのでまあ高いとは思わない。
獣くさい匂いはするのでこれがダメな人はダメだろうが、僕にはさほど不快でない。それよりも困ったのはベタつきの方だ。ちょうど冬の終わりから春の始まりの時期にかけて使用したので、寒ければ固形状に固まるがちょっと暖かくなると瓶の中で液状になる。そのくらいの融点である。この液状になると顔に塗ってもいつまでもベタベタしているのがやや扱いにくかった。

一瓶使い終えて、僕はいつも通りのニベアクリーム青缶を新しく買った。2ヶ月くらいぶりに顔に塗ってみるとあまりにベタつかないのでむしろ物足りなさすら覚えた。やっぱりニベアが一番だなあ。
0

2021/4/7 | 投稿者: 鹿苑院

明日4月8日が釈尊の誕生日ということは知っていたが、今日が法然上人の誕生日ということは知らなかった。
僕にとっては浄土宗に帰依して初めて迎える祖師の誕生日である。法然上人は親鸞聖人の師なので浄土真宗でも崇めはするが、その誕生日は聞かされたことがない。もっとも仏教は誕生日よりは命日を重視する傾向があるので(例えば西暦はイエス・キリストの生誕をもって元年とするが、仏暦は釈尊の入滅をもって元年とする)、そのことが浄土真宗が法然上人を軽んじているという証拠ではない。なにしろ僕は親鸞聖人も命日は知っているが誕生日は知らないのだから。

さて、明日は甘茶を飲むが、今日は何を飲み食いすればいいだろう。
0

2021/4/5 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


11年ぶり二度目の信州善光寺参拝である。一度目に来た時よりも多少は勝手がわかっているせいか、より余裕を持ってあちこちを観ることができた。
前回は善光寺そのものしか参拝していないが、今回は天台宗大勧進と浄土宗大本願をも参拝し、大本願の宝物館まで見学できた。
また、参道にある書店で善光寺関連本を買い、今読んでいるがとても面白い。

今回の参拝の一番の目的は、善光寺売店にて38000円で頒布している善光寺如来の分身像を見て、頂くかどうか決めることだった。なぜかネット上には公式にも個人サイトにもこれの写真すら載っておらず、まさに見たければ実際に足を運ぶしかなかったのだ。
さて、実際に念願の対面を果たしてみると確かに精緻な作りで美しいものだったが、実は構造が想像していたものとやや違った。
これに先立って仲見世通りの仏具店で見た木像の阿弥陀如来さん(18000円)にも心惹かれるものを感じていたので、迷ったがそちらにした。仲見世通りは善光寺の仁王門より内側にあるため、おおまかに言えばこれも善光寺からやって来た仏様と考えていいだろう。

信州善光寺。日本最高の寺である。
0

2021/3/29 | 投稿者: 鹿苑院

岐阜市の金神社には何回も参拝している。そこを主目標として行ったことは友人の結婚式の一回だけで、あとは岐阜市街に遊びに出た時のついでである。ついでで行けるくらいに中心街のど真ん中にある抜群のロケーションなのだ。

その金神社の神様が同じく岐阜市の伊奈波神社の神様の妻に当たるとは浅学にも知らなかった。そして、岐阜市と各務原市の境あたりに手力雄神社がある。この三社を巡る面白い話を知ったので紹介したい。

金神社の神様は大変な美人だという。この評判を聞いた手力雄神社の神様(その名の通り、天照大神が籠った天岩戸を開いた力自慢の神様である)が伊奈波神社の神様にバレないようにこっそりと夜這いをかけようと企んだ。
決行の夜、空豆畑に踏み込んだ手力雄神社の神様は踏んづけて飛び出した空豆が目に当たったりしてヒイヒイ言っている間に夜が明けてしまい、企みは失敗に終わった。
恨み重なる空豆を以後は栽培してはならぬと里人に命じたので、岐阜市の長森地区では厳格な人になると生まれてこの方一度も空豆を食べたことがない人もいるらしい。
冷静に考えてみると空豆は何も悪いことをしていないばかりか悪事を止めた殊勲者と言ってもいいのだが、まことに面白い話である。
0

2021/2/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


昔の家電は今よりハイテクでないだけ寿命が長かったりする。我が家の電子レンジは母の嫁入り道具だったというから38年。実に僕が生まれる前から我が家で働き続けていた逸品である。
まだ物を温める機能は生きているが、時々火花が出るようになったので危険という理由からその長い長い現役生活についに幕を下ろすこととなった。
こう長い付き合いになると別れも寂しいもので、写真を撮り、紙碑ならぬブログ碑としてここに記録を留めておく。長い間お疲れ様でした。ありがとう。
0




AutoPage最新お知らせ