ひととせ−99 double nine−

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hitotose
3人もの方が訳されてたんですか〜。情報ありがとうございます(^^)♪ひととせの読んだのは誰バージョンだったんでしょうねぇ(?_?;手元に無いからわからない〜。も一度、長島良三氏訳で挑戦してみます。
撮影に比べれば翻訳ってとっても孤独な作業そうですよね。戸田奈津子さんにはこれからも頑張って頂きたいものです。
投稿者:きよマメ
さっそくこちらにもお邪魔いたしました♪
ガストン・ルルーの原作は、先日読んでみようと思ってBOOKOFFで内容をさっと目を通してみたんですが、なにしろ一世紀近く前の作品だけに、何かこう、古臭いというか。。。
苦労して読まれたお気持ち分かる気がします。ただ国内では3人の方の翻訳が出版されているみたいで、その内の一人、長島良三氏の訳は現代語も多く分かりやすいとのこと。私が今回目にしたのは、別な翻訳家の作品だったので、これから長島氏のオペラ座を探しにいこうと思います。


http://blog.goo.ne.jp/mamemint740630/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ