keiの「おもさげながんす」

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kei
JYOさん

岩洞の冷え込みは特別ですからね。
マイナス20℃を下回ると、テント内をガンガン温めない限り、ガス器具はもちろん穂先も凍って釣りにもなりません。
残念ながら、極寒のタイミングを逃したようで、ドキドキのテストができるかどうか。。。
投稿者:JYO
ガス缶の特徴はkeiさんの以前の実験から理解はしていたいつもりでしたが、今回のリモート実験と岩洞釣行のマイナス22℃の経験で確信が持てました、
外気が冷えて、ガス缶がいくら冷たくなっていようと、缶は金属なので熱伝導が良い。ある程度テント内で金属缶を温めることができさえさすればレギュラー缶(ブタン)でも使えるってこと。
だからといってマイナス22℃でパワーガスでお湯を沸かしてからとなると不安が残ります(^-^;
缶を温める分だけのお湯を持参が安心かと。
久しぶりに自宅で火遊びして近所の目が気になりました笑
投稿者:kei
naoさん

強制配信ご覧いただきありがとうございます。

やれると思いますよ。
買いませんけど。。(笑)
投稿者:kei
としけんさん

実は缶を濡らさない方式にこだわったのは、パワーガスを使用して最初の15分でお湯を沸かし・・・・。
この方法なら、空いた缶をプロパン混入で作成できる。

4時間で交換が唯一のネックかな。
投稿者:nao
リモートでみてましたが、実験成功おめでとうございます!
次は、ガスピアやミスターヒートタイプのストーブでの実験をお願いします(笑)
投稿者:としけん
じっけんの経過観察を横から?みてましたが、プレヒートとお湯を持ち歩いて使うのだとどちらが楽か考えてしまった(笑)
単価で考えるとやはりCB缶の暖房の方がコスパ良さそうですね

ホワイトガソリンの残り30リットル使い切ったら考えてみます(笑)

MYホームページ

  

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ