ひとりよがり日記

愛するが故に戦う 倒すことが愛

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

twitter

メッセージBOX

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:青葉
早く特報2の考察が見たいです!お願いします〜!
投稿者:19番
アンティルユーカムトゥーミーと漫画版14巻の綾波にもリンクしてそうなシーンあったよね、なんか砕けてちっくとこ。
投稿者:エイデン
凄すぎ!
投稿者:ns
冒頭10分映像でマリが「ニコイチ型二号機」と言ってましたから、考察通りに旧劇二号機が絡んできたのは確定ですね。
明らかに2号機と8号機をそれぞれの改造として認識されてましし。
8号機は「オーバーラップ型」と言ってましたけど、単語の意味的にまた謎が深まりましたね。
投稿者:サンドマン
とても面白い読めるテキストで感嘆しました。
当たっていたらとても面白いですし、当たっていて欲しいとすら思わされます。
でも、ここまで描き切れるのかなぁ……とも思ったりします。
楽しい時間をありがとうございました。
投稿者:Q→A→Q
もんさんの考察には本当に驚愕しました
これが正解ならここまで仕込んだ庵野はやはり天才ですね
Qは賛否の分かれる作品ですが、見れば見るほどハマっていくので1回しか見てない人は本当にもったいないと思います

一つ気がかりなのが旧作についてです
ここの考察を見るまでエヴァに関する考察って、

・アダムより使徒が生まれ、リリスより人が生まれた
・リリスから零号機と初号機を造り、アダムから弐号機以降のエヴァンゲリオンを造った
・ゼーレの人類補完計画:不完全な生命体である人類を完全な生命体へと人工的に進化させるもの

というのが大方の見方でしたが、引っかかるのが
カオル=「太古にリリスからゼーレに分け与えられた生命体」(その2より)
レイ=「ネルフに対してリリスから分け与えられた存在」(その6より)
と、もんさんは言っていましたが、リリスは太古よりアダムをもコントロールしていたということでしょうか?なぜ使徒はコントロールできなかったのでしょうか?
リリスから見た、アダムや使徒とは何なのでしょう?

そもそも
序・破の登場人物&Qのシンジ=「アダムから生まれた生命」(その1より)
となるとエヴァや使徒、レイやカオルは何から生まれた(作られた)ということになるのでしょう?

旧来の考え方でのアダム・リリス・エヴァ・使徒・人の関係性について何となく理解していたつもりが、また分からなくなってしまいました

それと新劇でのセカンドインパクト時の4体のアダムスの正体についても気になります

2020年にはこのモヤモヤが解消されるといいのですが…。
投稿者:ほいさっさ
準備万端…
これがアプリEVA-Extraということなのか…

全てはカラーのシナリオ通り
投稿者:ドドイツ
個人的に全ての終着点がTV版の最終回だと嬉しいです
父にありがとう 母にさようなら 全ての子どもたちへおめでとう
素敵
投稿者:ドドイツ
考察一気読みしてしまいました!面白かったです!
予想された通り冒頭映像の公開がアナウンスされましたね〜楽しみです
今回の記事、漫画版まで絡めてくるのは驚きでした!
連載開始時はおそらく単なるコミカライズだったように思えますがやはり新劇場版の公開に合わせて舵を切り替えたのでしょうか
長期連載が活きた結果というのも面白いですね!
投稿者:しょくしょんさん
はじめまして。こういった投稿は初めてで勝手がわからないですが、呟きたかったので記させて頂きます。
19年7月6日に、シン・エヴァの冒頭10分40秒が各地で上映されるという発表がありましたね。「その9」で述べられていたようなシーンがあるのかも…?と思うと、とてもわくわくします。
兎角このサイトにある考察は全て興味深く、私は詳しくないものの、だからこそ、エヴァへの関心が増す様な内容ばかりで、とても楽しく読んでおります。
「その13」を執筆中かと思われますが、この投稿がその一助になれば幸いです。
…というのも当然あります。
ただ、正解か否かはまだわかりませんが、それ関係なく凄い思索がされているこのサイトに私の爪痕が少しでも残せれば…という思いもあって、投稿させていただきます。
駄文大変失礼致しました。
1|234
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ