ひとりよがり日記

愛するが故に戦う 倒すことが愛

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

twitter

メッセージBOX

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Hana
すみません、もしかしたら、「初歩的なことだよ、ワトソン君」な疑問かも知れませんが…。
人間は、リリスから生まれたから知恵の実を持った生命体なわけで、アダム由来なら生命の実を持つ生命体になってしまうような気がするのですが…。
投稿者:いつも見てます
リンク切れの画像が出てきてます
出来れば再うpをお願いします
投稿者:名無し
幽閉されるネルフ関係者の写真、海が青なので世界Bということになるので、世界Aのネルフ関係者はLCL化してしまった説明になっていないのでは。
投稿者:名無し
ネブカドネザルの文字、あれって「ku」の部分が傾いてるんじゃなくて反転してるようにも見えるんですが…
「Nabu"uk"du usur」?
投稿者:ちびりく
確かにシンジの魂がふたつだったとしたら、第13号機を一人で動かしていたシンジを説明できるのか
投稿者:通りすがりの人
こんにちは、前回のゼーレの考察とこれを読みました。とても面白い考察で、ほかのも読もうと思います。改めてエヴァは深く考えられて作ってあるんだなと感心しました。ここまで深い考察は、された側も嬉しいと思います。
投稿者:名無し
幽閉されたネルフ関係者がインフィニティと化したなら式波アスカと新劇リョウジはいったいどこへ?
投稿者:名無し
なるほど、TV版のカヲルくんの状態が肉体:リリス由来、魂:リリス由来(+アダム由来)で新劇のシンジの状態が肉体:アダム由来、魂:アダム由来なら、TV版のカヲルくん以上に新劇のシンジは使徒に近い状態構造な存在なわけで脅威、ということですね
投稿者:サトウ
ひとつ訂正。

誤:シンジは自立を促された。
正:シンジは、ゼーレと両親に代表される親世代の考えに流されることなく、自分の意思を発した。「ひとつになりましょう」というゴッドマザー・リリスの誘いも蹴った。今で言う「毒親」育ちの子供にとって、この行動はものすごく重要で難しいことで、自立の第一歩だった。

いくらループする世界とはいえ、あのシンジが消えるのは悲しいんです。
投稿者:サトウ
いつも楽しく拝読しています。
今回の考察は少し胸が痛くなったので一言残させてください。

もしこの考察が真ならば、旧劇の救いが全て無かったことになりませんか?
「父にありがとう、母にさようなら」で育児放棄されながらも力業で自立を促されたシンジは、またしても親の陰謀に巻き込まれ消滅。
息子に詫びの気持ちを抱いたゲンドウは、またしてもまたしても「ユイに会う」という妄執に囚われ息子を利用。というか、碇ユイがいない世界でもLCLから復活できるのか?
そして、望み通り「人間以上」の存在になり、インパクトのループから逃れて宇宙へ旅立った、TV・旧劇で唯一の勝者とも言える碇ユイは、捨て去った夫&世界に粘着され・・

今までで一番残酷な考察だと思いました。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ