3代目の呟き〜高野二郎公式ブログ〜

旧二郎さんの日記です。タイトルを変更しました。気分一新、緩々と日々の徒然など。“平成子門”子門式歌唱法研究者テノール歌手高野二郎のブログ。高野二郎個人事務所3代目高野左官工業(Music office TSK3rd)が運営しております。

 
クラシック、ミュージカル、ポップス、ヒーローソング縦横無尽!

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

QRコード

Facebookページ

高野二郎のFacebookページ https://www.facebook.com/GaoYeErLang/

Twitter

高野二郎のTwitter@HEISEI_SIMON https://mobile.twitter.com/
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:noko
すばらしいコンサートでした。皆さまの迫力、というか圧力に負けまいと全力で(!)聴かせていただきました。

前半の方々がステージ上に残されていった諸々の感情の欠片たち、休憩中のわさわさした感じの名残りが、高野さんの歌唱によって、一瞬にして落ち着き、清々しい澄んだ空気に変わったように感じました。

こんないいとこ取りのコンサート、これからも大歓迎です!
ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
投稿者:いんこ
コンサート、お疲れ様でした。
15人のテノールさん、どなたも金管楽器を思わせる高らかな高音と迫力満点の大きな声の熱唱、圧巻のステージでした。
高野先生の歌を聴いていて思いましたのは、全くドイツ語がわからない私ですが、歌声からさわやかなそよ風や突然の嵐、歌が後半に進むにつれつぼみの薔薇が花開く絵が目に浮かびました。絵だけでなく、心地よいぬくもりやさわやかな風の感触なども感じました。また、金管を想起するところもあれば、弦のゆったりした深い響きを想起するところもあり、素人ながらに豊かな表現というのはこういうことなんだろうなぁと思いました。
私は高野先生の歌声が一番好きです、テノールさんの数が50人、100人になっても変わらないです。
これからも素敵な歌声をたくさん聴かせてください。次回の舞台も楽しみにしております。
投稿者:おきょん
何と贅沢なコンサートでしょう!
正にゴールデンコンサートですね。

アデライーデへの想いが、美しい歌声と共に表情からも伝わってきてとても素敵でした。

15人のオ・ソーレ・ミオは物凄い迫力ですね。
素晴らしい「テノールの日」に感謝します。

昨日は、開演前の貴重なお時間に申し訳ありませんでした。御蔭様でホッとしました。

本当にお疲れ様でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ