3代目の呟き〜高野二郎公式ブログ〜

旧二郎さんの日記です。タイトルを変更しました。気分一新、緩々と日々の徒然など。“平成子門”子門式歌唱法研究者テノール歌手高野二郎のブログ。高野二郎個人事務所3代目高野左官工業(Music office TSK3rd)が運営しております。

 
クラシック、ミュージカル、ポップス、ヒーローソング縦横無尽!

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

Facebookページ

高野二郎のFacebookページ https://www.facebook.com/GaoYeErLang/

Twitter

高野二郎のTwitter@HEISEI_SIMON https://mobile.twitter.com/
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:流れ星
ふたを開けてみれば千秋楽は 横綱VS横綱でしたね、日本人力士のふがいなさを今回も感じました。 でもなんだかんだと言っても現在、朝○龍でもっている相撲界では? それにしてもS52年の取り組み表を持っていらっしゃる二郎様、物持ちが言いというか、すごいですョ!

そして 小1から国技館通い、二郎様を囲む環境がきっと素晴らしかったのですネ☆
投稿者:二郎
スミ様

蔵前国技館の頃は小学1年生以来ちょこちょこ観戦しに行っていました。アップした写真はたまたま押し入れから出てきたもので懐かしくて上げました。役者が揃ってましたよね、この頃。支度部屋に行くのもドキドキしながら行ったものです。
投稿者:スミ
相撲ファンとしてとても恥ずかしいです。
横綱は、初場所にもガッツポーズをしてその後反省の弁。
でも全然変わってない!同じ過ちを繰り返して…ホントに恥ずかしい。
若手はことごとく期待を裏切るし!
どんなに外国人力士が強くても、それを上回る体力と精神力があれば何の問題もないのでしょうけれど、どうしてでしょうね?
いつからこんなにヤワな力士ばかりになってしまったのでしょう。
行事のレベル低下も腹立たしいですし。

おっしゃる通り、昭和は良かったなんて振り返りたくないんですよね。
でも、アップしてくださった画像を見ると、つい「あの頃は面白かったな…」と思ってしまいます。


ついつい熱く語ってしまいました。
鬱陶しくてスミマセン〜。
(でもこれでもだいぶ抑えたつもりです。笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ