ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」から、
春夏秋冬めぐる季節を地元ガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

コメントはメールアドレスを記入しなくても投稿できます。

 

北海道紋別市

pramon(原志利)

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
♪お〜い中村君♪さん、こんばんは。はじめまして。
閲覧ありがとうございます。
歌が得意なようですね。うらやましいです。
コムケ湖で歌った後はアザラシが癒してくれますよ(^^)
投稿者:♪お〜い中村君♪
こんばんは
初めまして
福島出身で埼玉に暮らす者です
こちらは まだ20℃くらいはありますが
それでも 朝晩は冷えて来ました

湖の色が鮮やかで
何も考えずに ず〜っと見ていたいなって 俺は歌が好きなんでバラードとかアカペラしたら気持ちいいだろうな^v ゜
アザラシの とても優しい目 いいな〜



http://yellow.ap.teacup.com/nakamurakun
投稿者:pramon
夏海さん、こんばんは。
写真の評価ありがとうございます!

フラミンゴって南国のイメージがありましたけど、
意外と寒さに強いのですね。
アオサギと一緒に南下して欲しいと思っている人も多いようです。
私もその一人ですが、ただ気になることが一点。
フラミンゴは藻が主食らしいですが、
アオサギの主食は魚だったのでは・・・、と思ったりするわけで。
コムケ湖ではたまたま生息環境とスタイルが同じだったというだけで、
新しい餌場に渡るとなると、
別行動となる可能性があるのかなと思ったりしてます。
投稿者:pramon
maiさん、こんばんは。
上半身アップ写真もあったんですが、
動きがあってひょうきんな姿のこの写真を採用しました。
まさにプヨっとなっているところが決定打でした(^^)
投稿者:pramon
まざらしさん、こんばんは。
それぞれの特徴をしっかり押さえているようですね!
なごんで癒されてください(^^)
投稿者:夏海
素敵な一枚に映ってますね。
色温度を下げて月光ぽく撮影するテクニック!
カメラに詳しくて、その場の条件によって、工夫して撮るのは面白いことでしょう。
コンパクトデジカメさえ、上手に使うことが容易ではありません。

ところで、フラミンゴに関して、今朝10月29日朝日新聞社会面に、かなり大きな写真入りで報じられていましたよ。
「フラミンゴ定住 旭山動物園脱走紋別で3カ月」
〜オホーツク海に面したコムケ湖に居ついて3カ月になった。コムケ湖にカモやハクチョウが飛来し始めたが、動くそぶりを見せていない〜
最後に山階鳥類研究所の研究員の以下のようなコメントも。
「寒さに弱くはなく、気温0度ぐらいでも大丈夫。湖面が凍り始めて餌が食べられなくなると困るので、その前に南下するのではないか」
写真は他の野鳥三羽と一緒。美しくのんびりした雰囲気の1枚。フラミンゴに自然の危機が迫っているというような雰囲気はまったく伝わりませんでしたが。私は、北の寒気、天敵をうまく避けて、アオサギと一緒に南下できるとよいなと、祈りながら、記事を読みました。
投稿者:mai
海君、水槽のふちにお腹が乗っかってプヨっとなっている所が可愛いですね!
投稿者:まざらし
ようちゃん、目が妖艶。
海君、目がカマボコ型でひょうきん。
本当にあざらしを見ると和みます・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ