ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」から、
春夏秋冬めぐる季節を地元観光ボランティアガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

コメントはメールアドレスを記入しなくても投稿できます。

 

北海道紋別市

pramon(原志利)

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
涼月さん、こんばんは。

「とっかり日記」のフラミンゴ、ありがとうございます。
私も一番のお気に入りです。

ビューティフルライフ、、、今朝はですね、鏡のようでした。
これからアップしますので、そちらもご覧ください。
投稿者:涼月
CMの撮影場所はまさにここですね!
今後、さまざまな季節の「ビューティフルライフ」を楽しみにしています。

アオサギの群と暮らすフラミンゴの写真は新聞などでも見ましたが、今回の「とっかり日記」に採用されている、pramonさんの撮影されたものが一番好きです。なんだかほほえましくて…。
投稿者:pramon
旅猫さん、こんばんは。

閲覧ありがとうございます!
フラミンゴ、南へ旅立つのを期待する人は多いかもしれないですね。
私もアオサギと一緒に渡らないかなぁ?、と思ったりしますが、
アオサギがどこで越冬するのかは知りません。
旅立たなかった時は、、、最後の頼りはやっぱり動物園だと思っとります。
投稿者:旅猫
フラミンゴの近況を探して、少し前から拝見しています。
写真を見つけたときは嬉しかったです・・・!

先月の話ですが、これ以上の捕獲作戦は賛同できない気持ちがあって、旭川市のHPから意見を送りました。
さらなる捕獲でフラミンゴにケガさせたら本末転倒なので、南へ渡らせる形で生かしてほしいと書きました。
報道が大きいため、動物園のイメージダウンにつながらないよう考慮してもよいのではないかと、道民なのでその点の心配もありました。

フラミンゴの情報を載せているブログが他にもあって、
(てっちゃんワールドBLOG さん)
こちらと合わせて、元気そうだなと安堵しておりますが
渡り鳥が増えて来て、捕獲は難しそうだなと書かれていました。

あとは、フラミンゴの決断と本能次第でしょうか。
どこに旅立っても(できれば鳥獣保護区)元気でいてほしいと願うばかりです。
投稿者:pramon
夏海さん、こんばんは。
動物園も頭を悩ましていることでしょう。
気温が下がって動きが鈍くなることも想定してるのかなぁ?
そうなるとキツネなどの天敵に襲われやすくなる可能性も・・・。
これから餌も少なくなりますしね。
南に旅立たなかったことを想像すると悲しくなります。。。
投稿者:夏海
貴重な「くつろいだ時間」をコムケ湖の水辺ですごすフラミンゴ。
コムケ湖とアオサギを見つけてラッキー。
新しい写真もありがあとうございます。

今回の場合、動物園は捕獲を断念した方がよい。フラミンゴは生態に危害を与えていないし。今後を見守ってほしいものです。
投稿者:pramon
まざらしさん、こんにちは。
最近新聞やテレビによく登場するんですけど、
いつまでコムケ湖にいるのかが大きな関心ごとになってますね。
ニュースによると、旭山動物園は再び捕獲することを検討してるらしいです。
でも捕獲時期については未定のようです。
投稿者:まざらし
フラミンゴ、きれいですね。きっと元気なのでしょうね。コムケ湖のアオサギはどこで越冬するのでしょうか?絶対一緒に飛んでいって欲しいです。フラミンゴだけ残されたら、と想像しただけで涙が出そうです・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ