ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」を拠点に、
春夏秋冬めぐる季節を地元観光ボランティアガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

コメントはメールアドレスを記入しなくても投稿できます。

 

北海道紋別市

pramon(原志利)

「紋別市観光ボランティアガイドの会」会員。北海道写真協会紋別支部会員。e-mail: shitoshi @aioros.ocn.ne.jp

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
てんさん、こんばんは。
撮影者のスタッフは円山動物園のHP内でブログを更新していると言ってました。
おそらく、ブログ「双子の白クマ赤ちゃん」
http://sapporo.100miles.jp/hokkyoku/
がそれだと思います。

水槽の水はスタッフの努力とともに、
ガリンコタワー会社の学者も、
苔の発生を抑える研究をしてるそうです。
施設の改修や新設など、
ここ数年とっかりセンターを取り巻く環境が良くなってきているようです。
紋別の貴重な施設として存在が再認識されてる感じがします。
ファンとして嬉しいことですね。
投稿者:てん
pramonさん、皆さん、こんにちは。

飼育員さんは普段見られない表情の動物を
見る機会が多いでしょうから、絶好の撮影チャンスいっぱいでしょうね。
でも、その後の表現力は…。
腕でしょうか…。
うまく写真に収まってくれないんですよね…。

以前に比べ、水槽の水が綺麗になりましたね。係の方の努力でしょうね。

アザラシの泳ぎ方って、バイカルアザラシだけが仰向けで泳ぐのだと、子供の頃思っていました。目のある位置の関係からかなって勝手に思っていましたが。
ゴマフも他のアザラシも確かに、仰向けで泳ぐことが多いですね。
ちょっと調べてみたいところです。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ